« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の記事

2006年8月31日 (木)

アスランバトン

あかづきんさんから、バトンを頂きました。

アスランバトン。気合を入れて答えねば、と思っていたのですが、なかなか思い出せずに苦労しました。

なので、後でこっそり付け加えてたりしてもお許しください。<m(__)m>

続きを読む "アスランバトン"

| | コメント (6)

2006年8月30日 (水)

オタクの祭典

何気に見てしまったTV番組の特集で、「オタクの祭典」と題し、先日のキャラホビ2006をやってました。

この番組の中で注目してたのは、親子連れ。

フィギュアに嵌ったお父さん方が、家族連れでキャラホビに来てて、その殆どがガンダム目当てでしたよ。「ガンダムSEEDのヒロインの限定フィギュアを・・・」と言ってラクスやミーアを数体買ってく人や、同じMSを3体買って、飾る用、遊ぶ用、保存用です、と言う人も。GUNDAM SEED DESTINYのロゴ入りTシャツのお父さんもいたし。

神戸からやってきて、30万近くかけてラクスばかりを7体買ったという方もいました。

皆さん、予算が20~40万って言うし、奥さんも慣れっこになってしまってるのね。あきれてはいるんだろうケド、一緒についてきて充分楽しんでました。

コスプレのほうも、親子でやったり、親が子供にやらせたり。

オタク文化は、親子で楽しむものに進化してます。みたいなシメで終わってました。

やっぱり凄いなぁ。ある程度の予備知識と覚悟が必要だと聞きますし、田舎モンにはついて行けないかもしれないけど、コミケも含めてこういうイベント覗いてみたいですね~。

それにしても、やはりラクス様強しですな。 

| | コメント (5)

2006年8月29日 (火)

スペエディⅡ 感想

スペエディⅡ、観ました。やっと感想UP。白服キラ様のおかげでかなり延びちゃった。  

内容変更で、印象に残ったのは、アスランとシンの対立と議長の黒さでした。この2つは、スペエディⅢへの布石でしょうから、製作者側としては、印象に残ってもらわないと困るところなんでしょうけどね。

続きを読む "スペエディⅡ 感想"

| | コメント (2)

2006年8月27日 (日)

アスランは?

今回の、白服キラ、オーブ服アスラン、赤服シンを素直に受けいれて、妄想を膨らませてみるかと思っていたら、ふとこの事を思い出した。                                                  

 交響組曲機動戦士ガンダムSEED DESTINY シンフォニーSEED DESTINY  このジャケットのアスラン、キラと同じで准将でしたよね。

発売当時、「え?間違い?」という意見もありましたし、
「いやいや、レクイエムを撃った功績で、准将に昇進したんだよ。」なんて意見もありましたが、ここに来て、白服キラがあるのであれば、このアスランだって公式発表なんだから、ありなのでは?

| | コメント (2)

Gフェス

Gフェスのバレを少しだけ覗いてきました。

やっぱり白服キラは本当だった模様。

スペエディⅣのタイトルは、「自由の代償」。  おー!!いいじゃん、そのタイトル。

たぶん、慰霊碑のあと、プラントの評議会議事場に向かうラクスの後に追加された新規のもののようですが、扉が開き、その議事場の中に、白服キラとオーブ服アスランと赤服シンがいるらしいです。

うわ~!!白服キラ確定?とっても、ショック!!

・・・いいや、キラが確定ならアスランもだよね。アスラン、オーブに居てくれるんだったら、もう後はどうでもいいよ。。。。

でも、ということは、「3人の絆が試される」のなら、ザフトとオーブと立場入れ替えて戦うわけですか?そして、シンはキラの犬になっていると?

う~ん。なんだか、ますます、訳わからん。

しばらくは、踊らされ続けるのでしょうね。

|

2006年8月25日 (金)

スペエディⅡ DVD  入手

Se2_2 本日、スペエディⅡのDVDがとどきました。

やっとこれで見られるよ。EDが楽しみ。

感想は、観てからまた改めて書きたいと思います。

今回、大貫さんの書き下ろしバックカバーは、スティング、アウル、ステラの3人。そして、DVDには連合のマークが。Ⅰのときは、ザフトのマークだったので、きっとⅢはオーブのマークですね。話の内容としてもオーブ戦のあたりだから。(ごめんなさい。フェイスバッチだそうです)

そして、石田さんのインタビュー記事がありました。石田さんがアスランについて語ってます。これも、もっとゆっくり読んでから感想書きたいんですが、一部だけ抜き出しておきます。

スペシャルエディションの見所

具体的なシーンで言えばキラと直接会談するところなどです。キラたちにも事情があるんだろうけど・・・・。というような気持ちへの配慮をアスランが排除していて、よりアスランが自分の主張を通すという形になっているはずです。細かいところですが、そういう意図して変えてあるシーンがいくつかあります。

皆さん、アスランの怒りがより伝わるようになってた。とおっしゃってましたモンね。楽しみだ~。

では、これから観ま~す♪♪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

白服キラ

このところ、キャラホビ2006での、白服キラの情報が飛び交っていますね。

え~と、まだ御存じない方のために。

  1. スペエディⅢのパネルにザフト白服姿のキラのイラストがあった。この写真を見る
  2. スペエディⅢのEDにキララク、シンルナ、アスカガのイラストあり。(カガリが笑顔でかわいかった。3組の中で一番画像がきれいだった。アスラン、ザフト服、カガリ、暁ドレス)ED曲は、ハイカラ。
  3. 映画の告知に、「3人の絆が今試される」のコピーが追加。ストフリ、インジャス、暁が戦っている映像あり。
  4. 保志「PLUSがああゆう終わり方なので、映画でその後どうなるか想像を膨らませていて下さい」の発言あり。
  5. IVは収録済みなので、それの追加シーン等を受けての発言と思われる。

今まで映画情報が皆無に近かった中に出た新規情報だけに、「キャ~!!」であり「え~っ!!」であるのだけど。

何だか踊らされてるような気がするのは私だけでしょうか。

というのも、キラがザフトにいるという事に、違和感、感じまくりで、納得がいかない。ファイナルプラス後、ラクスについてプラントに行くという展開は充分に考えられることではあるのですが。キラがザフト?う~ん・・・・。

アストレイのお話の中では「歌姫の騎士団」のエースとして結構有名になってるキラらしいのですが、私の中では、キラはオーブの人間であり、フリーダムもたとえザフト製であってもオーブの象徴みたいなものだと思っているので(まぁ、暁はありますけど)、白服キラはありえないんです。

映画の内容は、ファンが考えつく範疇の内容ではやっぱまずいだろうけど。

そして、「3人の絆が今試される」ですよ。

またも、すれ違い萌えですか?

今、そういう発表しといて、アスランの女難のときみたいに映画までず~っと引っ張って行くのが狙いなのか。

そのうちきっと、また何かド~ン!!と来るんだよ。たぶん。。。。。。

「キャ~!!」「え~~!!」といいながら、このまま、踊らされてやりますか。

| | コメント (5)

tears

いつも、雑誌類は2~3日遅れでしか手に入らないので、発売日当日に手に入ったことに感動!!

今まで、CDはレンタルか中古で安くなった時(100円以内で)にしか買ってなかったのに。すべては、アスランジャケのせいだ!!(笑) でもね・・・・。

01_1 何度見ても、このアスランは美しい!!久々に納得いく平井画アスランです。表がアスラン、裏がlisaさんのWジャケになってました。

勿論、曲もいいですよ。元々バラード系が好きなので、この曲はとっても好みです。

1,tears~full version                                        
2,tears~tsubura mix
3,tears~for you
4,tears~memories
5,tears~tv version
6,tears~original karaoke   ・・・と、みごとに6曲tearsばかりですけど

曲がいい、歌声もいい、ピアノがいい、アレンジもいい。聴いてて飽きない。

前にも書きましたけど、lisaさんに関しては、GUNDAM  EVOLVEのCMの歌声を聴いたことがあるだけでしたが、切ないしっとりとした歌声が曲と良くあってると思います。

プロフィールに

ピアノの弾き語りを得意とし、独特の人の心の襞にたたみかける深い歌声は一度聴いたら忘れられないだろう。

と書いてあります。ウン、確かにそうだ。 印象に残る歌声ですよね。3曲目が歌とピアノ伴奏。4曲目はピアノのみのインストルメンタル。このピアノは、lisaさんが演奏してるって事ですね。

買ってとは言わないわ。レンタルでOK、一度FULLで聴いてみる価値ありです。

追記

スペエディⅡのED 動画です↓

http://www.youtube.com/watch?v=TXvqSMQc4Lk&search=SEED%20CE73%2002

| | コメント (2)

2006年8月22日 (火)

RAHDX カガリ・ユラ・アスハ

最近、とっても気になるものがある。

2~3ヶ月前であれば、間違いなくスルーだったもの。

Hobfig4125c

←コレ。(クリックで拡大できます)

他所様のブログで、かわいいフィギュアを見たり、色々情報もらったりするうちに欲しいな~と思うようになってきた。

このフィギュア、とっても造りが精巧で、表情もよく出来ててかわいい。でも、何より重要なのはカガリがとっても女の子だってこと。ど~だ!アキバ系の方々、このカガリなら文句ないだろ!!(笑)

色んな角度から見られるように画像も沢山あったんだけど、凄いですよね。体のラインがモロに出てる。お尻も、おなかも、腰骨まで。暁ドレスのように透けてはいないのに足のラインまでハッキリ分かる。ある意味、ミーアの衣装より凄いかもしれない。

そして顔。ハノ字眉で、困った顔。手をグーにして胸の前に持ってくる、おー、この仕草は、DESTINY24話でアスランに会いについていきたいとキラに言っていた時と同じ仕草。髪もアップにしていて、結婚式のときより個人的にはこっちのほうが好き。最後に、チラッとしか見えない足先。クロスしてて、実はモジモジして恥ずかしがってるってのが分かるポイント。最初、アイシャのドレスだって聞いたときはフーンくらいにしか思わなかったけど、考えれば、考えるほどこの場面のセレクトは上手いと思ってしまったよ。TVチャンピョンのフィギュア王選手権とかに出て来るような人たちが造ってるんだろーか。

このシリーズ、人気が高くて、前作SEEDのときのカガリは入手困難と聞きました。本気で欲しいと思ったら、予約しとかないとダメなんでしょうね。

く~~っ!!でも、これ買ったら、確実にオタクの階段をもう一段上ることになるな、私。。。。

| | コメント (2)

2006年8月21日 (月)

ファクトファイルNo.97

ファクトファイル 97号 アスラン・ザラ セイバー 読みました。

続きを読む "ファクトファイルNo.97"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

スターゲイザー PV

スターゲイザーの第二話のプロモーションビデオが見られるようになってました。

     http://bandai-hobby.net/gunpla/seed-sg/seed-sg02.html

私は、1話も見てませんが、このPV見る限りでは、登場人物も増え、物語も動きそうな気がします。

気になるのが、このPVの中に後半出て来る場面。DESTINY31話で、ステラがデストロイを与えられて出撃した場所ではないのか、ということ。あたりは雪山。映ってる母艦がボナパルトでしたっけ。そして、出て来るザフトのMSもバクゥ、あのベルリン戦でデストロイにやられてたMSですよね。スウェンもその雪山あたりをMSで飛んでるみたいだし。

1話は、ユニウスセブンが墜ちたあたりでしたが、今度の2話はロシア平原、ベルリン戦あたりなのでしょうか。

そして、先月からガンダムAで連載が始まってる⊿アストレイ。スウェンや、議長、キラが出て来るから気になってたんですが、このスターゲイザーのサイドストーリーみたいですね。他にもPVに出てきた人たちが、漫画のほうにも出ています。

アイザック・マウという人がでてきますが、この人、イザークの部下でシホさんと同期、議長の命令で⊿アストレイの主人公アグニスのもとに派遣され、一緒に行動するみたいです。なんだか気になります。

スターゲイザーは見られないので、他の方たちのネタバレ見て、私はアストレイのほうを続けてチェックしてようかな。

なんたって、今月号の終わりが「連合に希望はない・・・。残るはオーブ、そして、キラ・ヤマト」なんだもん。

| | コメント (0)

SEED Club 4コマ ですてぃに~

機動戦士ガンダムSEED SEED Club 4コマ ですてぃにー

200605000113_1 三冊の中で、一番感想書くのが遅くなってしまった。

RGBと、また違った意味で癒される、楽しませてくれる一冊。

まさにネタ本。NT編集部に寄せられた読者の感想や意見を、As’まりあさんの描くたねキャラがストレートに代弁してるって気がするんですケド。

奥付にも、しっかり、このコミックに登場するキャラクターは独自のもであり「機動戦士ガンダムSEED」「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」の公式設定とは関係ありませんと書いてあって、言い方はへんだけど、公式な同人誌って感じ。

だから、アスランはやっぱりヘタレでみんなにやられっぱなし。女難もばっちり。でも、ちゃんとアスカガしてる。その基本路線は外してないので、安心して素直に楽しんで読んでます。

キャラクターの中では議長のザフト仮面が好きです。

どらすてらがシンの頭にかぶりつくのにも、ミーアのネタ帳にも笑った。

ちなみに、ミーアのネタ帳の中にかいてあったことは・・・

夜は一緒に寝ない    

          ↑重要!→キスはひかえ目に  人前ではしない  

 えー   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

茶髪石田

本屋に行きました。   

お目当ての本は、ありませんでしたが、声優さんの雑誌の表紙に石田さんを発見。

噂の茶髪石田を初めて見ました。

H16 例の舞台で茶髪の青年役をやって、そのままって事でしたけど。

いいんじゃないですか?なんか若くていいですよ。

毛先もふわっとしてて、髪も軽くなった感じで。

チョッと前の関智一さんがこんな感じじゃなかったかな?(違ってたらごめんなさい)

「ガラスの艦隊」の対談記事にも写真がドン!と出てました。この番組、深夜にやってるらしくて見たこと無いです。DVDが出たということなので見てみようかと思ってます。

Nhg_013s こちらは、「NIGHT HEAD GENESIS」の制作発表の時のもののようです。

これはいまいち。上↑の雑誌の写真のほうがいいな。

この番組、ブロードバンドTVのGyaOで見ることが出来ると教えてもらったので見てみたのですが。。。。。やめられなくなりました。  

面白いです。話に引き込まれてしまいました。現在4話まで配信されてます。

 GyaO  http://www.gyao.jp/                   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

終戦の日に

この年齢になって、こんなにアニメにはまるとは思ってなかった。

でも、この年齢だから、はまって良かったとも思った。

小学生では、たぶん意味が分からなかった。中学生では、キャラ萌えだけで終わっていたかもしれない。

SEEDは面白い良い作品だと思う。奥深い作品だと思う。

だから、その良さを自分で味わい咀嚼できる年齢のときに出会えたことに感謝しなくちゃ。

そして、SEEDのおかげで『戦うこと』について考える機会が増えた事に感謝しなくちゃ。

今後、平和ボケ日本でいられるのかどうか分からない。そのときに、どうするのか。

昔のキラみたいに、「戦い(争い)たく無い」と逃げる(避ける)?圧力をかけられたら?

そして、想いが同じでも立場が違えば、たとえ不本意であろうとも、戦うことになってしまう事だってあるって事を見せてもらった。

現実社会は、もっと複雑。しっかり見つめて考えられるだけの力を付けておきたいもの。

| | コメント (2)

RGB

200604000268_1 機動戦士ガンダムSEED RGB ILLUSTRATIONS “DESTINY”

小笠原さんの柔らかい絵が好き♪

いや~、いいですね~。前評判高くて、どこのブログを覗いてもこの本の表紙、またはSEED版のRGBの表紙を見ないことは無いってくらいに(うちのブログにはありませんでしたケド)目にしてましたが、皆さんのお薦めなのがよく分かる。

イラストは、どれをとっても文句ないですよ。キャラクターもMSも。普通のもデフォルメバージョンのも。アスランの種が割れて花が咲いてるのとか、イザークが傷シール顔からはがしてるのとか、カオス、アビス、ガイヤがそれぞれ鷹、なすび、狛犬になってるのとか。かわいくてクスクス笑ってしまうような絵が沢山ありました。

後はね、カラーではないんですが、SEEDの小説の挿絵が好き。色ついてなくてもいいから大きく伸ばして欲しかった。本編のいろんな場面思い出してしまいますよ。

この[DESTINY]版に収録されてるイラストはNTに掲載された時に幾つか見ているけど、SEEDのほうは全然見たことが無いのでどんなイラストが詰まってるのだろうと興味をそそられる、今手に入らないとなればなおさら。SEEDのRGBが観てみたいですね。

それから、下村さんのテキストですが、まだじっくり読んでないけどこちらもなかなか味がある。ラクスとミーアの髪飾りを「数の子」と「ヒトデ」と言われているのには笑いました。

アスランとカガリの「愛別離苦」

NTで最初に読んだときは、アスカガイラストで指輪とハウメア出てきて喜んでたけど、今読み返してみて、思った。何だか、映画でも指輪とハウメア出して二人の想いは繋がってるよ~、アスランがまた手のひら見つめてる絵出して、カガリ一筋をほのめかして、それで終わり、なんてことになりそうな気がしてきたよ。。。。orz

いやいや、落ち込んでどうする。

とにかく、買って損は無い一冊です!!

| | コメント (2)

OP,ED派? サントラ派?

帰ってきました。

移動はマイカーでした。TVのニュースで言っていた様に、高速道路のガソリンは137円と安くて、どこのスタンドも行列が出来ていました。私たちも給油したのですが、「タンクの残量が少ないので20ℓまでしか入れられない」と言われてしまいました。(涙)

移動中の、BGMはDESTINYのコンプリートベストでした。ひたすらエンドレス、おまけに大音量で流れてました。(笑)この中では、「君は僕に似ている」が好きです。スケールでっかくて聴けば聴くほどいいな~と思える曲です。アレンジがいいのかな。梶浦さん上手いですよね。あ~、「焔の扉」だけが入ってないのが残念だ。一緒にまとめて入れてくれればホントにBESTなんだけど。Remix外して、入れ替えたいよ。

でも、どちらかというと私は、サントラ派です。一人の時はサントラ聴いてます。TVの番組の中でもSEEDのサントラが流れると思わず振り返って、「ガンダムだ!」と言ってます。結構色んなところで使われてますよね、K-1とか。日曜日に何気にTV見てたら朝と夜にニュース番組の中で流れたりとか。鑑定団のCMでも流れてたし。

SEEDもDESTINYもサントラ3が好きです。両方とも、主な戦闘シーンの曲が入ってます。オーブ戦で流れる曲はどれも好きですが、その中でもSEED39話でアスランがキラを助けるシ-ンで流れる『後方支援』という曲が特に好きです。DESTINYのほうは43話でこれもアスランがキラを助けるシーン、あの「やめろ~!」のシーンで流れる曲です。なのに、題名は『キラ、その心のままに』というのですよ。アスランがやっと種割れして、シンをやっつっけるシーンなんで私にはアスランのテーマなのに。。。。キラなんてレイにやられてロックオンされるのに。。。。

突然ですが、ネットサーフィンをしていて、見つけた記事にびっくり。

8月6日、鈴置洋孝さん、肺がんで死去、56歳

ガ~~ン!!ブライトさんが。。。。うそっ

ファースト、Z、ZZ、逆襲のシャアにブライト・ノア役で出演されていた声優さんです。

Zガンダムの映画3部作は、遺作になってしまったのですね。セイラさんもお亡くなりになっているのに。ブライトさんまで。(悲)

初代ガンダムは、歴史になってしまうのでしょうか。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ORIGINAL SOUNDTRACK III 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ORIGINAL SOUNDTRACK III

アーティスト:TVサントラ
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2005/08/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月12日 (土)

三冊まとめてゲット

200605000113 200604000268Nt_0609         

連日、本屋通いをしてました。昨日、最初に近所の本屋でNTを発見。

後の2冊は無かったので、そこならば確実に手に入ると思われる本屋まで足を伸ばしました。 ところが、なかなか見あたら ず、棚を何度も見て回る。

すると、棚ではなく、ワゴンの中にRGBが3冊。SEED Club 4コマは一番上の棚に2冊在りました。なんとも分かりにくいところに。でも、手に入ってよかったよ。ホッ。

NT付録のSEED Club携帯ストラップかわいかったです。私の携帯はほとんど何も飾りがついてないので、これに替えたらささやかなカミングアウトになるかもしれません。

今月のNTは、SEED関連の記事は割りと多めですね。これなら買ってもいいかなと思える範囲内だと思います。毎月の人気アニメキャラランキング、DESTINY終了後も不動の1位を守り続けていたキラとラクスが今月遂に、そろって2位に転落。替わって1位になったのは涼宮ハルヒ、作品まであわせて3冠でした。人気あるんですね。本屋でも、ズラ~ッと並んでますもんね。

映画の読者予想アンケート結果が発表されてて、ネタとしては面白かったです。その中にアスカガサイトマスター様のイラストが複数あって、チョッとびっくり。映画は、新キャラが出てくることだけは間違いないようです。

NTに関しては、こんな感じでしょうか。

お知らせ

明日から、1泊でお出かけします。なので13,14日は更新はありません。

帰ってきてから残りの感想等は、また改めて書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

夏コミ

今日は、夏コミですね。

行きたいな~!!一度体験してみたいです。いえ、行けないのは分かってるんです。でも、叫ぶだけならタダなので。。。。行きたいよ~、SEEDオタクやってるうちに。

こういうイベントは地元でもやってるので行こうと思えば行けるのでしょうが、「帰ってきた隠れオタク」にはハードルが高いです。まず、一緒に行く人がいないし、一人で行ったら何だか浮きそうだし、行くために家族になんと説明するか。。。。

行かれる皆さん、きっとかなり暑いんでしょうけど、楽しんできてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

ちょっと振り返って

右も左も分からないまま、ブログを始めて2ヶ月が経ちました。

いつもご訪問くださる皆さん、ありがとうございます。感謝です。

コメントを下さる皆さん、ありがとうございます。やっぱり、自分が書いたことに対して反応があるってことは、とても嬉しい事です。つながってるんだなという実感が持てます。そして、いつも来て頂いてるのに閲覧のみという方がいらっしゃいましたら、お礼も言いたいので遠慮なく書き込んでいってくださいませ。

続きを読む "ちょっと振り返って"

| | コメント (2)

2006年8月 7日 (月)

アストレイ

近所に大きめの古本屋が出来たので、覗いてみた。

ガンダム関係は多いほうだと思う。ガンプラの特集してるホビー雑誌のバックナンバーなんかもあるんだね。コミックスのほうは、と・・・・。

ジ・エッジは流石にない。でもアストレイシリーズはそろってた。

ここで、ふと思い出した。

SEEDの30話、キラとアスランが戦って、イージスの自爆でキラがMIAになったとき。アストレイの主人公、ロウがキラを助けた、ということを知りず~っと漫画を読んでみたかった。

アストレイの話は、所々読んだことがある程度で、全体が分からない。キラ救出のところだけ本を買ってもなぁ、かと言って全巻そろえるほど興味がある訳でも無し。

・・・で、今までそのままになってた訳なんだけど、

ここで確認が出来る!!

時間が無かったので、パラ見程度しか出来なかったけど、わかったvvv

傷付いたAAがオーブに寄港したころ、ロウ一行もエリカの要請でオーブに入港していた。M1アストレイの開発協力とAAの補修の手伝いをするロウ。その途中、カガリから声をかけられ、逆に潜入したアスランたち4人には声をかける。用件が済んだ後、マルキオさんのところへ用を頼まれ、他のメンバーとは別行動をとる。が、ちょうどキラとアスランが戦っている場面に遭遇。寸でのところでイージスの自爆に巻き込まれそうになる。その後、ストライクのコクピットに近づき中からキラを助け出す。そして、マルキオ宅に担いで連れて行く。

・・・って感じ。今度もっとじっくり読んでこよう。

この表紙、ず~っと気になってたのですよ。

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY (2) 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY (2)

著者:千葉 智宏,矢立 肇,富野 由悠季,ときた 洸一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

アスカガ不足の方に

昨日に引き続き、

いいもの見つけちゃったので、皆さん,アスカガに浸りましょう♪♪ → You  Tube

注意:曲はSEEDと関係ありません。

※検索でこちらにいらした皆様、すいません。すでに削除されてしまっているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

メンテナンスのお知らせ

ココログからメンテナンスのお知らせがありました。

8月9日(水) 2:00~12:00

この間、トラックバック、コメントの書き込みが出来ないそうです。記事投稿も出来ないそうなのでこの時間の更新もありません

皆さん、ご迷惑をおかけします。

なお、この時間、閲覧は通常どおり出来るそうです。

以上、よろしくお願いします。ペコリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペエディED 観た!聴いた!

20060728_197985 すでに観られた方も多いとは思いますが、私のようにDVD待ちで、ネタばれもOK!と言う方のために。

色々観たけど、これは画像も大きくて、お薦め♪  You Tube

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

ウズミ・ナラ・アスハ

モルゲンレーテがヘリオポリスで連合のMS開発に携わっていたことの責任を取って、代表首長を辞した。しかし、他の首長たちに国を束ねるだけの力が無かったため、実質的な指導権を握っていたウズミ。

この頃のウズミさんは、カガリのことをどう思っていたのか。Gs4024

ファクトファイル 92号に気になる記述がありました。

続きを読む "ウズミ・ナラ・アスハ"

| | コメント (2)

2006年8月 3日 (木)

ジブリ

SEEDから離れついでにもうひとつ・・・・。20060515002fl00002viewrsz150x

「ゲド戦記」見に行きたいです。

かつて、映像化は不可能と言われていた三大ファンタジー 「指輪物語」 「ナルニア国物語」 そして「ゲド戦記」              

「ゲド戦記」の原作者は、映像化するにあたり、ジブリを選んだ。

なんてフレーズを以前聞いたんで、「わー、楽しみ!!」と思ってたのに、あまり評判よくないのでしょうか。内容は知りませんが、色々叩かれている様なので・・・・・。

ジブリの作品は、宮崎さんの監督作品以外、そんなに前評判も興行収入も高くないけど、今回は息子さんの作品ということでいつもより期待度が高いのか。その分批判も多いと・・・。 

続きを読む "ジブリ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

石田さんつながりで

ちょっと、今日はSEEDから離れて・・・・。

TVで劇場版NARUTOの2作目『大激突!幻の地底遺跡だってばよ』を見ました。

今回は我愛羅が出てるんですよね。我愛羅の声は低くて、石田さんが演じられる他のどのキャラよりアスランに近い気がして、好きです。勿論、我愛羅自体も好きですョ。

今回のこの映画、話は全然違うんだけど、「力はただ力でしかない」とか「大きすぎる力は災いとなる」というセリフがあり、テムジンという騎士が、争いの無い理想郷を作るというハイドに騙され利用されるという設定なんかも、なんとなくSEEDを思い起こさせる部分があって。・・・あくまで私的にですケドね、何でもSEEDにつなげてしまうんで。あと、ラピュタも入ってましたけど。(笑) 「同じことをカガリが言った。」とか何とか言いながら楽しんで見てましたョ。(笑)

NARUTOにはアニメから入りましたが、劣等生だけど仲間に対するもの凄く熱い思いを持つ主人公が、努力と根性と友情で大きく成長していくこれぞ少年漫画って感じの話と、細かく練られた設定、魅力あるキャラクターのおかげで結構はまって見ています。単行本なんか読んでると、デビュー前後の話なんかをされていて、この原作者の方も色々勉強されたのね~と感心。NARUTOは今アメリカでも人気だそうです。何でもそうなんでしょうが、漫画家も売れるためには基本とコツコツ積み上げた努力なんだなと思いました。 

原作のほうは、我愛羅が一度死んでまた生き返るあたりまでしか読んでないです。SEED以外にはなるべく散財しないようにと思っているので。(笑) 後でまとめてレンタルして読んでみようと思ってます。

話は石田さんに戻りますが

このNARUTOのラジオ番組『オー!ナルトニッポン』のCDで初めて、そして唯一、石田さんの素のしゃべりを聴きました。素のしゃべりというよりこのラジオ番組も充分に自分を演じてはいらっしゃいましたが、聴いていて楽しかったです。SEEDのラジオ番組もCD化してくれたら買うのになぁ。他所様のネタばれでは拝見しますが、やっぱり活字では伝わらないことも多いですしね。

石田さんの、他のしゃべりも聴いてみたいです。ご存知の方、何かよいものがありましたら教えていただけませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »