« ランキング | トップページ | 映画は? »

2006年9月 4日 (月)

ファクトファイルNo.98

この回は、マリューさん、バルトフェルドさんについて書いてありました。

それぞれについて、また、気になった記述を元に感想を。(細かいところは違うかもしれません)

マリュー

ダーダネルス、クレタの戦いで戦闘停止を呼びかけるが、その行動は理解されず戦渦はますます拡大する。しかし、彼女は憎しみの連鎖を絶つにはこの方法しかないと確信していた。

バルトフェルド

より世界情勢を掴みやすくするには、キラが地球、ラクスが宇宙で行動することが重要だと考えていた。

スペエディⅡでは、かなり出番を削られていたお二人でしたが、揺るがないしっかりした信念を持った大人なお二人でしたね。

考えてみれば、アスランが悩みまくって、迷走する一方、キラがあれだけスパッと割り切って、突き進んでいけたのはこの二人の後押しがあればこそ。

キラだって悩んでたモンね。アスランの悩み方との差が激しかったために、(アスランの30話のあの落ち込みは尋常じゃなかった)あんまり悩んでなさそうに見えちゃったけど。

迷い悩むキラを、慰め、励まし優しく背中を押してくれたマリューさん。
気持ちが先に出て、判断を間違えそうになったキラを諌めて、正しいところに引き戻してくれたバルトフェルドさん。

やっぱりこの二人、かっこいいわ。

映画には、お二人ともご出演ですよね、きっと。

|

« ランキング | トップページ | 映画は? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

マリューさんとバルトフェルドさん、
良いですよね~。
ムゥさんが帰って来なかったら・・・。
マリューさん&ムゥさんも好きだけど、
マリューさん&バルトフェルドさんも♪

大人の立場でキラ達の力になった2人、
大きな存在の2人でしたよね~。

投稿: マーくん | 2006年9月 4日 (月) 23時43分

私もこのお二人は大好きです!
ただ、ただ、大好きなだけに、
本編であんまりにもあやふやな扱いだった事が、残念でした(今更で、すみません!
もう一つ、やっぱり…ムウさんは、
生き返って寄り戻るのは、有り得ないー☆”
マジカル☆ミラクルなDESTINY設定。
スペエディを見て、癒しを求める日々ですね…(苦笑
批評ばかりで、すみません!

投稿: ドキンちゃん | 2006年9月 4日 (月) 23時59分

★マーくんさん
こんばんは。
この二人、いいですよね~。

>ムゥさんが帰って来なかったら・・・。
いい雰囲気でしたモンね。どうなってたか
分からないですよね♪
それはそれで、いいカップルになったのでは?とも思うんですけど。
でも、やっぱりお二人とも一途な人だったってことですよね。

後半、ムゥさんにいいとこ持って行かれて
あんまり目立たなかったバルトフェルトさんでしたが、
キラやアスランには無い大人のかっこよさが
在りますよね。

投稿: カノン | 2006年9月 5日 (火) 20時08分

ドキンちゃん、こんばんは。
ドキンちゃんもこのお二人好きなんですね。

>批評ばかりで、すみません!
え?そうでしたっけ。
それぞれ色んな視点、色んな思いで見てるから、好きって言っても、それもそれぞれですよ。


>本編であんまりにもあやふやな扱いだった事が、残念でした

本当に。
SEEDが人気出てしまった為に、DESTINYでは視聴率、スポンサー、ファン層(市場)拡大などの影響を受けた演出になってしまった事は残念ですね。
充分にとばっちりを受けてしまったおふたりですね。

>ムウさんは、
生き返って寄り戻るのは、有り得ないー☆
マジカル☆ミラクルなDESTINY設定。

SEEDが宇宙船艦ヤマト(古い!知ってる?)の二の舞にならない事を祈ってます。(笑)
でもね、その辺は映画は大丈夫だろうと思ってるんですよ。たぶん、SEEDは続編が決まった時、脚本や作画は全部出来上がってて、スペエディで変更するしかなかったんだと思うんですよ。だから、苦肉の策でムゥさん復活。でも、今回は主要人物は、みんな死んでないし、裏のしがらみで変になった本編の演出は、映画に向けてかなり修正されると思う。
そういう意味では、スペエディⅢ、Ⅳは楽しみにしてます。

投稿: カノン | 2006年9月 5日 (火) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114192/3287728

この記事へのトラックバック一覧です: ファクトファイルNo.98:

« ランキング | トップページ | 映画は? »