« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の記事

2006年10月31日 (火)

ジ・エッジ 番外編

本当は、昨日の記事に追記しようと思ったのですが、長くなって読みづらくなりそうなので改めて書きたいと思います。

ちまきさんが描く他キャラ視点の物語。

何だか、今からとっても楽しみです。

DESTINYでは、大風呂敷を広げたものの、時間が足りずにどのキャラも充分に描ききれていませんでした。

だから、視聴者側からすれば肩透かしを食らって、ものすご~っく物足りない終わり方でした。

でも、あれだけ上手くジ・エッジでアスラン補完をしてくれたちまきさんです。他のキャラだって納得のいく描き方をしてくれるのではないかと期待してしまいます。

カガリ、シン、レイ。この3人の話もとても楽しみです。

予告のイラストに、イザディアが(小さくですが)描かれていました。ただのサンプルで、本当はそういうお話は無いのかもしれません。

でも、私、イザディアの話が読んでみたいと思います。

エンジェルダウン作戦、アスランの脱走と撃墜、二人のラクス、デスティニープランにレクイエム

彼らが月の周りで戦闘をしながらも、それらのことを見たり聞いたりして、何を考え何を思っていたのか、どんな会話をしていたのか。

本編では全然描かれていないけれど、ちまきさん描いてくれないかしら・・・。

それが49話、「今、俺が殴りたいのはあいつだけだ!!」に繋がっていくともう最高なんだけどなぁ。。。

20041113_gundumseed_id

| | コメント (0)

ガンダムA 12月号

ガンダムA12月号、購入しました。

すでに、あちこちのブログさんで、カガリ祭りだ!!と言われていますが、ガンダムAがこれだけ大々的にカガリを取り上げたのを、私は今まで見たことがありません。(私のガンダムA歴はそんなに長くはないですが・・・えぇ~っと、2年半くらい?)

なので、間違いなくカガリ祭りデス。

嬉しいことですが、どうしたのでしょう。このところ、あちこちで特集組まれて間違いなく踊らされている。まあ、映画の情報が皆無な現在、ファンの気持ちをつなぎとめる為には定期的にドーン!!と一発、二発、手を打っていかねばならないでしょうし。。。

一発目が白服キラ、二発目が半裸アスランですか?では、三発目は?

コレは、雑誌のアスカガ特集がやけに多いのを含め、女性ファン狙いですよね。女性の方が持続力、持久力あると踏んでのことだろうと思います。

男性ファンは、ある程度形が出来てキャンペーンを組めば、その時帰ってくると思ってるのでしょうか。それとも、フィギュアとガンプラでつないでいるのか。

え~、では以下ネタバレ。

続きを読む "ガンダムA 12月号"

| | コメント (5)

2006年10月29日 (日)

Happy Birthday アスラン

以前、アスカガバトン、アスランバトンに答えてアスランの好きなところなど述べてみたりしたけれど、アスランに関するアンケートがあったので、答えてみることにした。

1、どっちのアスランが好きですか?

A:少し幼さが残るSEEDのアスラン
B:ちょっと大人なSEED DESTINYのアスラン

B。私は、DESTINYの大人っぽいアスランのほうが断然好き♡

2、アスランのどこが好きですか?

A:顔
B:性格
C:その他

C。性格と言いたい所だけど、やっぱり顔も、性格も、声もすべてひっくるめてアスランでしょ。あの、男の色気も、驚異的な跳躍力も、悩み苦しみ苦悩する姿でさえ、とても愛しい。

3、アスランの服で、好きなものは?

世間一般では、アスランと言えば赤なんでしょうが、実は、私はオーブ服。DESTINYの大人っぽいアスランには白と青のオーブ服が似合うと思ってるのですよ。
私服は、アレックスの時の護衛服。いつも私服のセンスは最悪と言われるアスランですが(笑)、これはみんな文句なしだと思う。
パイスー姿は、赤も紫もザフトもオーブも、どれもわりに好きだけど、破砕作業の時にしか着なかった貴重なDESTINYの赤パイスーを選びたいと思います。ザフトパイスーはDSTINY時の方が好きです。

もし、このアンケートに答えてみたいという方がいらっしゃいましたら、アスカガバトン、アスランバトンも含めてお持ち帰りくださって結構です。

では、最後にアスランへ

できること、望むこと、すべきこと。今のアスランには、ちゃんと全部がしっかり見えているよね。まだまだ、悩むことも、壁にぶつかる事もあるだろうけど、君が頑張ってる姿を、カガリとの希望ある未来を、是非映画館で見たい。頑張れ、アスラン!!

♡HAPPY BIRTHDAY♡

| | コメント (5)

2006年10月28日 (土)

アニメバトン

あかづきんさんからアニメバトンを頂きました。

989_1

■ルール■
(Q1)~(Q3)の質問に答えること
(Q4)で、次に回す人への質問(場所ネタについて)を考えること
(Q5)で、バトンを渡してくれた人にメッセージを残すこと
(Q6)で、次の人を選んで下さい(3人)

思いっきり妄想、二次創作の世界ですね~。私の願望入りまくりになるかも。

では、回答開始!!

(Q1)カガリは、アスランの誕生日になにをあげる(してあげる)と思いますか??

プライベートの時間を作り、カガリ・ユラ・アスハではなく、ただのカガリとしてアスランと一緒に過ごす。(アスランは物はいらないって言いそうな気がするので)手料理を作って(この過程でも突発的なことが色々起こりそうだ。それも含めて楽しむ。)二人で色々話をしながら食べる。

こういう何気ない日常が、一番大事だと思う。

(Q2)カガリのドレス姿を見たときのアスランの反応はどんな感じだと思いますか??

きっと、護衛の時に何度も見てると思う。(あ~、そんな場面本当に見てみたい!!)最初は、キラと同じで、ポカーンとして見とれて立ち尽くしてる。カガリに声をかけられ、はっとしてわれに返り、目をそらして口ごもる。この時、照れて顔を赤らめているとなおよい。
その後は、部屋の隅で壁にもたれかかって腕組んで、マーナさんとカガリのやり取りを眺めてるんだけど、サングラスで隠れたその奥は、目を細めて愛おしそうにカガリを見つめてる・・・・・って感じ?あっ、サングラスは無くていいか。

(Q3)今、叫びたいことを、思いっきり叫んでください♪ 笑

監督!!結婚式をやれとは言わない。でも、劇場版ではアスカガの安心できる描写を入れてくれないと、アスカガファンは暴れるぞ!!

(Q4)次に回す人への質問(場所ネタについて)を考えること

お知り合いの方にはすでに回ってるようなので、ここで止めちゃいます。ごめんなさい。なので、質問はこのまま。

(Q5)バトンを渡してくれた人にメッセージを残すこと

あかづきんさん、バトンありがとうございました。なかなかナイスな質問を考えてくださって、答えてる本人も楽しめました。

(Q6)次の人を選んで下さい(3人)

ごめんなさい。アンカーで。
コレを見てくださった方で、あかづきんさんの質問をお持ち帰りになりたい人は是非どうぞ。

                                                                                アイコン:屑星

| | コメント (2)

2006年10月26日 (木)

ジ・エッジ5巻 GET

2000103925221

本日、ジ・エッジを本屋で見つけた。わwww、嬉しい!!

初めて、書籍を発売日に手に入れることが出来た。やっぱり、行ってみるもんだ。

見所は、巻末のちまきさんのラフスケッチ。

アスランが笑ってる。。。。アスランが泣いている。。。。

そして、「殺されたから殺して~」の31話のアスカガが。。。

このアスカガラフスケッチには
SEED放送中に泣くアスランにハマった作者が思わず描いていた一枚。この絵が本作のきっかけ!?
と書いてある。

コレって、ちまきさんも仕事抜きで個人的にアスカガに嵌っていたということだよね。ナルホド、確かに、ちまきさんのカガリに対するコメントには愛が感じられると思っていたけど、嬉しいな♡。

正直言って、これらのラフスケッチの数々のほうが、昨日の半裸アスランより、私にとってはツボなんですけど!!これがカラーだったらなあ。。。。

先月号の予告では、書き下ろし20pと書いてありましたが、書下ろしはありません。巻末には、先ほどのラフスケッチと連載時の扉絵、ジ・エッジのプロローグ編がついてました。

内容ですが、細かいところが何箇所も書き直されています。連載時のものに1~2コマつけ加えられていたり、そのコマ1つを書き直してあったり。

以下、加わったことがはっきり分かるところ。

・39話、キラがラクスを助けに行く為にルージュのスペックを変えるところと、アスラン、ムゥの会話が交互に入りその会話も少し書き加えてある。

・ラクスからインジャスを受け取るところ。
ラクスがメイリンに「彼が何のために怪我を押してここに来たと思いますか?あなたもそれを分かってここまで支えてきたのでしょう?」と言う。

・ミーアの死、「俺が認めなければよかったんだ」のキラとの会話部分

・レクイエム発射口のところでのシンとの戦闘

・シンがルナを撃ちそうになった時の「馬鹿野郎」

・議長との対決。アスラン、議長に対して言いたいことを言っている。

いずれも、セリフ、独白が加わったり、描写が詳しくなっていてとってもいいです。

さてさて、後でまたじっくり読むとします。

チョッと追記

ガンダムA12月号、私はまだ買ってませんが他の方からの情報によると、番外編はカガリ、シン、レイの3人のようです。

わ~い!!カガリ視点、。

アスラン出てくるかどうか分からないけど、カガリからのアスランへの想いがどう描かれるのか楽しみだな~。いや待て、もしかして、政治家としての成長の方でしょうか?

なんにしても、ちまきさんがカガリをどう描いてくれるか、楽しみです。

| | コメント (6)

2006年10月24日 (火)

遠雷  噂の”裏”

明日発売のスペエディⅢED、遠雷~遠くにある明かり~

私は、予約していたものを、明日受け取りに行く予定。

しかし、前日の夕方には入荷しているものらしい。

すでに、手に入れた方のブログで噂の”裏”画像を見た。

うわwwww!!すごいっっ!!

言葉を失う。。。。

かなりの衝撃!!ファン垂涎。。。納得。

明日、実際に手にとって、さらに言葉を失いそうだ。

とにかく見てみれば分かる。ネタバレはなしね。

皆様、初回限定版、お楽しみに!!

| | コメント (3)

勘違いの恋 その3

前回、「立場の違い」について、アスラン視点で書きました。(よろしければ、先に勘違いの恋1 、をお読みください。そして、今から書くことも含めて、分かりにくい文章だったらごめんなさい。)

まずは、前回のおさらいから。前回、わかったこと。

”理解は出来ても納得できない”アスランでは、カガリを手に入れることは出来ない。

カガリが国家元首である以上、いざとなったらアスランでは無く国を選ぶ。この事をアスランが理解し、納得し、覚悟できていなければ、ちゃんとカガリと向き合うことが出来ない。この覚悟なしに付き合ってもまたすれ違ってしまう。要は、その覚悟が出来た上で、自分は何を望み、どうしたいと思うのかなんだろうな。

今度はカガリ視点でと思ってるんだけど、やっぱりカガリ視点のほうがとっても難しい。。。なぜなんだろう。。。

では、カガリの勘違いはあったのか

カガリにも勘違いはあったのかもしれない。しかし、一番の問題は、なれない政治の駆け引きの中で、真っすぐゆえに壁にぶつかり、段々と本来のカガリらしさを失くしてしまったという事なのではないだろうか。

自分の望むことの為にしっかりと前を向いて、自分の足で立ち、真っすぐに歩いていくことが出来る。本来のカガリはそういう子だ。だが政治の世界は、カガリからそういうカガリらしさを奪ってしまった。

この状態のカガリが、今までと同じようにアスランのことを気遣ってやれたかと言えば、それはやっぱりNOだろうし、考えてやる余裕など無かったはず。

だからそんなにアスランのこと、好きじゃない=アスランのことを考えてやれないなら、全くそのとおりなのだと思う。

カガリは本来のカガリであれば間違いなく気づいてやれただろうアスランの陥っているジレンマに気づかなかった。いや、もしかしたら気づいていたかもしれないが、どうしてやることも出来なかった。それは、たぶん、気遣いが出来なくなっていただけではなく、アスランに寄りかかってなければ自分では立っていられない位、心弱くなっていたからかもしれない。

カガリは、アスランに寄りかかり甘えていた。アスランは、そんなカガリにきっと、とても優しかったのだろう。一生懸命支え守ろうとしてくれたはずだから。だから、アスランがいつまでもずっと傍に居てくれるものと思っていた。彼が、オーブを出た後も、直ぐに戻って来てくれると思っていた。

だけど、それではいけなかった。だから、すれ違った。

政治家として成長する為だけでなく、アスランとちゃんと向き合い恋愛が出来るようにする為には、カガリは、一人でしっかり立つことができていなければならない。

アスランがカガリを得るためには、かなりの覚悟と努力が必要になる。

そんなアスランにカガリが出来る事と言えば、こんな自分でいいのかと問うことくらいなのではないだろうか。(39話の「私のことは許してくれるか」がコレに当たるのではないかと思う)

問うて、アスランがどういう選択をするのか待つ。自分と向き合ってくれるのか、それとも他の女を選ぶのか。(実際には、この時カガリは見を引く覚悟をしたのだけれど)

アスランがちゃんと決断をする為にも、カガリのほうからは、一度アスランの手を離す必要があったのではないか。寄りかかって繋ぎとめてはいけない。二人が、ちゃんと向き合う為に。

そして、アスランが自分たちの今の状況をちゃんと理解し覚悟して、カガリを選ぶと決めた時、再びカガリからアスランに手を伸ばすことが出来るのではないだろうか。

だから、ファイナルプラスのハグは、二人が向き合えるだけの準備がやっと整ったということ。二人の恋愛は、勘違いをして、すれ違って、やっとスタートラインに立てた。そういうことなんだと、ここまで考えてきて、私はそう思う。

     その2へ 勘違いの恋 その4へ

| | コメント (9)

2006年10月21日 (土)

ジ・エッジ

ジ・エッジ5巻、そろそろ発売ですね。

ガンダムA新連載の番外編も来月号からだし・・・。楽しみです!!

そこで、今のところ分かっている情報をもう1度整理してみました。

Bukkukaba_1

 

ジ・エッジ5巻

・10月26日発売、588円
・書き下ろし漫画20ページ収録
・5巻は既刊よりも大増ページ   

ジ・エッジ番外編 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE ~Desire~

・ガンダムA 12月号より新展開 12月号はプロローグ編

わぁwww!! 「Desire」って何だ?! 「Desire」って?!・・・欲望?

誰が主人公?やっぱり、キラ?それとも、もしかして議長?

でも、プロローグ編なので、新連載ストーリー等の紹介でカラー5~6ページって所だと思います。本当の連載開始は次の1月号からだと思いますよ。ジ・エッジが始まった時もそうでしたから。

23日追記

アニメイトでジ・エッジフェアーをやってるそうです。(10月23日~11月12日)

アニメイトでジ・エッジ5巻を買うと特製ブックカバーがもらえる。

1~4巻を買うと、ブロマイドがもらえる。

ガンダムA12月号を買うと、ちまきさんのメッセージペーパーがもらえる。

特製ブックカバー、ほしいな~。しかし、アニメイトまで行く交通費でジ・エッジがもう2冊買える。遠雷が買える。画像見て我慢しよう。。。。。

詳しくは、こちら↓

http://www.animate.co.jp/animate/event/fair1112-3.html

| | コメント (5)

2006年10月20日 (金)

勘違いの恋  その2

先日より、【勘違いの恋】発言について振り返って、もう一度考えてみています。

今のところ分かったのは、カガリからアスランは選べないということ。

そう。選べないんだ~、カガリからは。。。。(泣)

カガリ側からの描写が少ないのはそういうわけなんだなぁ、きっと。何となく分かった気がする。。。

色々枝葉を付けて考えると分からなくなるので、以下、二人の恋愛について「立場の違い」の面からのみ考えてみた。

カガリは、カガリ・ユラ・アスハという公人、代表首長という国のトップである以上、カガリのほうからアスランは選べない。

つまり、この恋愛は、すべてはアスラン次第ということなんだろう。だが、彼は大きな勘違いをしていた。(以下、アスランサイドから考える)

では、何が勘違いだったのか。

この「立場の違い」の事をよく分からず、今までと同じように恋愛が出来ると思っていたという事がそもそもの大きな勘違いだったのではないのだろうか?

いや、アスランだってカガリが代表になったら、自分が護衛になったら、今までと同じようには行かなくなること位わかっていただろうケド、気持ちが変わらなければ大丈夫だと、今までと同じ二人でいられると思っていたのではないかな。

そして、彼には気持ちが変わらない自信はあったと思う。逆に、今まで以上にカガリを守らなければ、という強い意志があったかもしれない。誰よりもカガリを愛し信じているという自信があった。カガリに対しても、カガリが自分以外の男を好きになるなんてことはこれっぽっちも思ってなかったような気がする。

だからこそ、自分が選んだ「護衛」という立場の本当の意味が分かっていなかった。

アスランの現状に対する認識不足、それに伴う覚悟の不足によって、彼はとんでもない方向に行ってしまうことになる。

現実社会でもそうだけど、女性の社会的地位が相手の男性よりも高い場合の恋愛、特に結婚は大変だ。

男というものは、本来自分が主となり家族を守って生きたいと思っている者だと思う。男としてのプライドだよね。

だから、こういう恋愛、結婚には男の方にかなりの度量の大きさが要求されると思う。

こういう場合の男の選択肢は、3つ(あくまで私が考えつくものです)

  1. 現状を受け入れる。表に出ることなく、女性を後ろからサポートし、必要と在らば主夫(主婦ではなく主夫)にでもなり、従に徹する。[この選択には、かなりの覚悟が必要だと思う]
  2. 自分がその女性を守れるだけの地位、女性と対等、もしくはそれより上の地位につく。(または、その過程としてそうなるように努力する)
  3. 自分が主となり守ることの出来る別の女性を選ぶ。[この選択が一番楽なのかも]

アスランは、プライドの高い男だ。たとえプライドが高くなかったとしてもあの性分だ。当然、彼が選びたいのは2のはず。しかし彼は1を選んでしまった。。。。そう、彼は2を選んだつもりだった。今までであればカガリ自身を守ればそれでよかった。でも、カガリが代表になったことで、それだけではダメになったということに気づいていなかった。。。。当然、ジレンマに陥るはず。

ジレンマに陥り焦った彼は、力を求めカガリをおいて飛び出してしまった。立場の違い、自分の存在意義からくる焦りに加えユウナという存在まで加わり、焦りも不安も増大してしまった所へ、開戦の危機、議長の誘惑となれば仕方無いんだろうけれど。。。。

そして、彼は帰ってこない。。。。

アスラン、なんて事を!!って思うんだけど、

これって、制作側がアスランに対する試練としてわざとやってることなので仕方がないのよね~。(泣)

そして、制作側が用意した更なる試練は3である別の女性。つまり、メイリン。

2を選びたいのに1を選んで(あの状況下ではそうするしかなかっただろうが)、さらに度重なる色んな事象によってとんでもないことになってしまったアスランに、とどめの3までぶつけて揺さぶりをかけてくる。しかも、カガリとはまるっきり正反対のタイプで。。。。(泣)

しかし、それも「それでも揺るがないカガリに対するアスランの愛」を描く為というのなら許してやろうじゃないか。

    その1へ  勘違いの恋 その3へ

| | コメント (6)

2006年10月17日 (火)

アスラン動画

二日間、ココログメンテナンスにより更新が出来ません。

よって、その間、閲覧のみでも楽しんでいただけるものは無いかと考えましたが、こんなものしか思いつきませんでした。

よろしかったら、ご覧下さいませ。なるべくかっこいいものをと思って探したつもりですなんですけどね。。。

http://www.youtube.com/watch?v=nGt3gUuOQV4&mode=related&search

http://www.youtube.com/watch?v=tYJbhRVrwyc&search=gundam%20seed%20destiny%20athrun%20cagalli%20lacus%20kira%20birthday%20hane%20happy

| | コメント (0)

勘違いの恋

改めまして、私の質問に答えてくださった皆様、関連したコメント下さった皆様ありがとうございました。(質問きっかけ

皆様の、アスカガ愛が文面からひしひしと伝わってきました。アスカガって本当にみんなから愛されてるんだなと再確認。

大風呂敷を広げたものの、上手くたためるかどうか分かりませんが、書きながら自分の考えがまとまっていけばいいなと思ってます。

この前やった「ガンダムSEED DESTINY 診断」
当たってるよ。「大まかな計画は立てるタイプ」 ハハハ・・・・(苦笑)

で、何からどう書いたらいいのか悩んだ挙句、やっぱり「勘違いの恋」発言をもう1度おさらいする事から始めなきゃダメなのではないかと思いました。

本棚の奥のほうに眠っていたアニメ誌を、あれこれ引っ張り出してきて、例のインタビューがどれに書いてあったのか、まず探す所から。。。。見つかったよ。。。。よかった。

「カガリは、別にアスランのこと、それほど好きじゃないでしょう。」

これは、カガリの心の中でアスランの占める割合が少ないって事でいいんですよね。
以前、石田さんと進藤さんの対談で、
「カガリの中のアスランの占める割合は10%くらいかな?」と進藤さんが言い、それに対して石田さんは
「え~?!1%くらいかと思ってた。」と答えてたような記憶があるのですよ。
それだけ、カガリがアスランのことだけを考えていられない国のトップという特別な立場にあるということで、二人の間にある現実と言う大きな壁なんですよね。

これって、カガリが代表首長になってしまった事によって起こったことで、カガリがタダのカガリもしくは、代表では無く普通の首長位であれば、話は変わってきたことなんだよなぁ。すべては、ここからなのよね。

どういう経緯でカガリが代表になることになったのかは分からないけれど、でも、きっとカガリなら例え担ぎ上げられたにしても、自らの意思で代表になることを選んだんだろうね。

そういうカガリだからこそ、アスランではなく国を取るという選択をする。それは、ああいう形で父親を亡くしてしまったからこそ。ある意味、アスハの呪縛にとらわれての選択だったのかな。

「カガリがオーブもアスランも取って、もう一回ちゃんとアスランと向き合えば、ちゃんとした恋人同士になれるかもしれない」

「もちろん、それにはアスランの努力も必要で、カガリのそばにいて、彼女のフォローをしているだけではダメ。」

ファイナルプラスのハグシーンとOPの手つなぎは、この辺り↑を表現してると私は思ってるんだけど。

では、何が勘違いだったのか。う~ん。これまた難しい。続きは、次回・・・ということで。

勘違いの恋 その2へ

| | コメント (0)

2006年10月12日 (木)

ニュータイプ ロマンス

                  NEWTYPE ROMANCE (ニュータイプロマンス) 2006年 11月号 [雑誌]

買ってしまいました。「ニュータイプ ロマンス 2006 AUTUMN」

「ちまきさんの描くアスカガ結婚式」を見たいが為に。

「ロマンス読者が見たい劇場版 機動戦士ガンダムSEED どうなる?オトメ的大調査」と題した特集が、7ページにわたってます。

こういう場面が見たいという読者からのリクエスト

・キラアスシンが仲良くなっている
・アスカガの結婚式
・ニコルの復活
・アスキラのショッピング
・イザディアの白黒コンビ結成(イザーク→白服、ディアッカ→黒服)

扉イラストはホシノさんなんですが、そのほかの挿絵は全部ちまきさんです。 

・劇場版で言って欲しいあんなセリフ、こんなセリフ

以上が、内容なんですが、

今回、これ以上のバレは書きませんね。是非とも、見てみてください。

ちまきさんの描くアスカガ結婚式 二人ともかわいいっ!!  

この写真を見る             

| | コメント (10)

2006年10月11日 (水)

きっかけ

先日より、私の突然の質問に快く回答くださった皆様、どうもありがとうございました。

今回は、私の回答を・・・と思いましたが、まずその前に、なぜこのような質問をするに至ったのか、そのきっかけからお話したいと思います。

きっかけは、コレ↓「僕たちの好きなガンダムSEED」 少し前にパラパラと読んだ雑誌ですが

  僕たちの好きなガンダムSEED

この雑誌の41話部分に書いてあったことに、チョッと引っかかりました。

簡単に言うと
「カガリはキラが好き、キラはそれに気づかず、アスランはそんな二人を見て複雑な心境」
みたいな事が書いてあったんです。(どの辺りの場面かお分かりですよね。)

私としては、それは違うだろ~!!(カガリは、キラには恋愛感情は無い)
な訳なんですがカガリにとって、キラもアスランも「危なっかしくてほっとけない奴」には違いが無いわけで、

じゃあ、カガリにとってキラとアスランの違いっていったいなんだったのだろう?

まず、コレが最初の疑問。

そして、さかのぼること数ヶ月前。両澤さんのあの「勘違いの恋」発言

「カガリはアスランの事、好きじゃないでしょう」コレっていったいどういう意味?
いまだにどう解釈したらいいのかその真意が分からない。

そしてそれに伴う、スペエディⅠ、8話部分の変更

「見た人がそれぞれ感じ取ってほしい」がお得意の監督夫妻が、敢えてわざわざ書き直し、変更してまで、視聴者に捉えなおして欲しかったアスカガの関係ってどのようなものなのか?

コレ考えると、ハツカネズミになってしまう。

アスランは分かるのよアスランは。でも、カガリの気持ちはよくわからないのよ。

二人の未来は、大丈夫だと思ってますよ。スペエディでは、ハウメア出てきたりしてアス→カガが強調されてて、女難はことごとく削除。「揺るがなかったら本物」路線で進んでるので心配してません。しかし、アスラン視点である為に、カガ→アスもことごとく削除。いや少しは残ってるけど。なので、カガリがアスランを好きなことは分かるのだけど、私のモヤモヤの解決には、全くなってないのよ。(泣)

以前、他所様のブログで、二人のことを細かく分析されてて、興味深く拝見させていただいたりしたのだけれど、やっぱり自分で考えてみなければ、結論は出ないヨネ。考えても結論出ないかも知れないけど、とりあえず頑張ってみます。

なかなか一気には書き上げられそうに無いので、間に別の記事等も入れ込みながらやりたいと思います。

しかし、当初のもくろみとは変わって「アスランを語る」ではなく「カガリを語る」になってしまいそうですね~。

| | コメント (4)

2006年10月 9日 (月)

遠雷~遠くにある明かり~

スペエディⅢ、放送されましたね。

色んなところで感想が述べられてましたし、EDアスカガイラストも見ることが出来ました。噂どおり、笑顔のカガリが、しっかり正面を向いて手を差し伸べていて、久々の平井画カガリに満足です。この写真を見る

私は見てませんので、ちゃんとした感想はDVD購入後に述べたいと思います。

「遠雷~遠くにある明かり~」を全部聴く事が出来ます。↓(ハイカラPV)

http://www.youtube.com/watch?v=HSbRw9BcD6Q

アスランのどん底から再び立ち上がるまでを描いたスペエディⅢ。そのEDにこの曲。なかなかいいんじゃないかと思います。(見てないけど・・・汗)

今後は、ED曲とDVDの発売を楽しみに待ちたいと思います。

あっ!そうそう、ED曲の初回限定大判ピンナップですが、よだれ物ジャケ画と同じく大貫画らしいですよ。

スペエディⅢ ED こちらから見ることが出来ます。↓

http://www.youtube.com/watch?v=pSyvgww4ju8

| | コメント (0)

2006年10月 7日 (土)

質問

突然ではありますが

ご訪問くださったアスカガスキーの皆様に、是非、お聞きしたいことがあります。

それは、私がアスカガスキーであるために、逆に今まで深く突き詰めて来なかったこと。だから、結果として私の中ですっきりせず、あやふやなままになっている事なんです。

自分でも考えてみて、後日記事に書くつもりではいますが、まず、今回、他の方々の率直な感想、意見を聞いてみたい。

もしよろしければ、

簡単にでも結構です。次の質問に答えていただけませんか?ぜひぜひご意見をお聞かせください。よろしくお願いします。

1、カガリは、アスランをいつごろ好きになったのか?

2、カガリは、アスランのどんなところが好きなのか?

| | コメント (9)

2006年10月 6日 (金)

スペエディⅢ DVDジャケ画

先日、スペエディⅢのDVDジャケはレイだと判明したわけですが、画像入手しました。

                

Ray_2_1

このレイも、何だか目が鋭いですね。きっと、スペエディⅢでは議長の忠実な部下として、黒さ、胡散臭さ倍増なんだろな。

| | コメント (2)

石田彰が歌っている?

私が、石田さんを知ったのは、SEEDがきっかけでした。彼がキャラソンを歌っているのを聴いたことが無く、歌わない人なのだと思っていましたし、歌声を聴いてみたいとも思っていました。

ところが

あかづきんさんから、石田さんが歌っているという情報を頂きました。しかも、来月も新曲が発売されると!

え~~!?なぜ????

今は、発売されるその新曲の歌声を聴いてみたいという気持ちよりも

なぜ、今回は歌う気になったのかという事の方がとっても知りたい!!

どなたかご存知ですか?

SEEDで、石田さんがキャラソンを歌わなかったのは、(あくまで私の勝手な憶測ですが)自分が歌わなくてもSEEDの、アスランの人気は充分にある、逆に自分が歌うことでアスランのイメージを壊してしまうかもしれないと思ったからなのかもしれないな。

アスランは歌は苦手って事になってるんだし、あの他の追随を許さない、大人気キラ様だって歌っているのだし、保志さんもそんなに上手くは無いと思うんだけど。。。。(爆・・・ごめんネ)

う~ん、しかし、ますます気になる。よし、そのCDどうにかして聴かなければ!!

余談では在りますが、以下、石田彰が歌わない理由

続きを読む "石田彰が歌っている?"

| | コメント (4)

2006年10月 5日 (木)

ガンダムSEED DESTINY 診断

ガンダムSEED DESTINY 診断テスト

というものがありました。

まず、キャラの名前を入力して診断テストを受け、その診断を元に選んだ相手と戦闘が出来るというものでした。

アスランの名前を入力し、【出撃する!】ボタンを押して開始!

続きを読む "ガンダムSEED DESTINY 診断"

| | コメント (5)

2006年10月 3日 (火)

スペエディⅢ 新規画

今日、雑誌を見ていたら、スペエディⅢの情報がホンのすこ~しだけ出てました。

・スペエディⅢは42話まで。

・カガリ、ラクス、キラ、シン、レイ、議長、アスランの新規画あり。

その一部ですが

カガリは、AA内でキラと一緒に、議長がロゴスのことを発表するのを見てる場面のようでした。

アスラン、議長はデスティニー、レジェンドを見せられる場面のようです。

シンは、涙を流して慟哭するシーンと書いてあり、ルナと抱き合って泣いてました。

新規画はシンルナのところは平井画。それ以外は、山口さんみたいでした。

以上、大したこと無い情報ですいません。<m(__)m>

10月4日 追記

スペエディⅢ、DVDジャケットはレイだそうです。

え~~!?とびっくりしたのですが(キラだとばかり思っていたので)、よ~く考えたら納得でした。というのも、スペエディⅢのピクチャーレーベルはフェイス徽章だそうなんですよね。

ザフト、連邦ときたら、次はオーブなんだろうけど、DESTINYスペエディは4部作、そこにフェイス徽章が入り込んできて4人目に誰を入れるかとなれば、おのずとレイしか残らない事は勘のいい人ならわかったのかもしれませんね。

いや~、私はダメだったな。

| | コメント (2)

アスラン

まずは、アスランについてパーソナルデータを再確認。

アスラン・ザラ

生年月日:C.E.55年10月29日生まれ

血液型:0型

身長:174cm

体重:60kg (身長、体重は18歳の時のもの) 

好きな食べもの:ロールキャベツ、桃

嫌いな食べ物:青魚、イクラ

趣味:機械弄り

苦手なこと:歌、絵

え~と、これで何かの話のネタになるかどうかは分かりませんが、何か他に書き忘れていることがありましたら教えてください。追記しますので。(笑)

ところで、アスランは今回何歳の誕生日を迎えることになるのでしょうか。

2001_2歳ですか?そしてこれが彼の現在の姿ということでいいのでしょうか? 

そして、劇場版アスランも20歳と思ってていいのでしょうか。

現在20歳の方、うらやましいですね~。

アスランたちと同じ歳なんですね。(もう勝手に決めちゃったよ^m^)

等身大で身近に感じられて、余計に萌える?

しかし、20歳の男がこの色気、いいのか?だから、あんなに色々寄って来るんだよね~。

                         

| | コメント (2)

2006年10月 2日 (月)

友と君と戦場で

B0001zwn7209

ゲームボーイアドバンス
『機動戦士ガンダムSEED 友と君と戦場で』を買いました。(中古で)

このゲーム、タイトルがかっこいいですよね。

「友と君と戦場(ここ)で」

彼ら4人の今までのドラマを思い浮かべながら、そうなんだよなぁ、彼らの青春は戦場にあるんだよなとしみじみ再認識。偉いよ、みんな16歳なのにネ。

実は、このゲーム、発売直後から気にはなってたのですよ。アスランがカガリにハムスターのペットロボを作ってプレゼントするということはガンダムAでコミック化されて読んでいたので知っていました。でも、その頃は私のオタク度はまだまだ大したことはなくて、その後、かなり長い間忘れ去っていました。半年ほど前、とあるサイトでこのゲームのレポを見て俄然欲しくなったのですが、それでもまだ探し回ったりはしなかったのです。

ところが、1ヶ月ほど前何気に見ていた中古ゲームソフトの中にこれを発見。その時もまだ購入はせず、他の中古ゲーム店に行った時もさりげなくチェックしたりして、買おうか買うまいかズーッと悩んでました。

その私の背中を押してくれたのが、先日ゆみっちさんのブログで見た記事でした。記事を見た次の日に購入。(笑)

しかし、

買った直後に、早速家族にとられてしまい、わけ分からずやったのは途中からでした。

でもね、見てみたら11話になってたのよね。何で?

そう、スッカリ忘れていたのですが、購入したのは中古。前に持ってた人のデータが残ってて、よく分からずその続きからプレイしてたみたいなんですよね。 

そして、いきなり12話突入。「終末の光」え~~!?チョッと待て!!場所が展望デッキになり、アスカガの会話が始まりました。

ルージュで出ると言うカガリ。引き止めるアスラン。セリフは、本編と同じ。でも、「そんな顔するな。お前のほうが危なっかしいぞ。」と言われ、アスランが「ええっ!?」とほほを染めて驚くんですよ。いや~、このアスランかわいかったですよ~。このゲームのイラストはいいです。かわいい!!

そして、いよいよキスシーンです。「アスラン・・・。」「君は俺が守る・・・。」ハイ、画面いっぱいのどアップです。

キララク、ムゥマリューもラブシーンは在りましたがさらっと流されました。しかし、アスカガキスシーンはどアップ静止画でした!!

いきなりゲームのラストからやり始めちゃった私。おかげで良いもの見せてもらいましたが、次回からちゃんと始めに戻してやり直します。。。。

話は変わりますが、このゲームの宣伝用のイラストだったと思うんだけど、攻略本の表紙にもなってるみたいですね。

機動戦士ガンダムSEED 友と君と戦場(ここ)で。 コンプリートガイド

実は、このイラスト大好きです。カガリのペースにすっかり乗せられてるアスラン。振り回されてると言ったほうが良いか。

タイトルは「戦場で」なんだけど、とっても幸せそうに見えます。

アスカガイベントは6話、10話らしいんですよね。6話が「二人だけの戦争」部分。10話は本編41話~43話部分とオリジナルイベント。オリジナルイベントは2種類。アスランがカガリにペットロボを作る話とカガリがアスランにロールキャベツを作る話。

ここまで分かっていながら、いつになったらイベント部分にたどり着くのやら。

| | コメント (2)

2006年10月 1日 (日)

10月

10月になりました。テンプレートを、エメラルドにしてみました。

今月はアスランの誕生月だからね!もう1ヶ月切ってますね。

そこで!!

今月は、アスラン・ザラ強化月間と題し、いつにも増してアスラン(アスカガ)を語り、アスラン(アスカガ)愛♡を叫びたいと思います。(笑)

情報の乏しい劇場版とスペエディだけでは、最近あまり萌えられなくて、SEED熱もチョッと低下気味。でも、お知り合いの方も増えてきたことだし、みんなでアスランBirthdayをお祝いできたら楽しいだろうと思いました。

更新頻度は、きっと今までと同じくらいのペースにしかならないと思いますが、折角なので挑戦!!思ったようにはいかないかもしれませんが、月末のお誕生日にはおめでとうを叫びたいと思います。

というわけで、よろしくお願いします。(*^_^*)

| | コメント (8)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »