« のだめカンタービレ 6話 | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY  2007年版カレンダー »

2006年11月22日 (水)

今の日本はカガリ?

オーブのモデルが日本だということは、何も言わずとも誰もが感じることだろうと思う。

前作SEEDを見ている頃に「オーブは日本の理想像として描かれているそうだ」と誰かが言っていた。

私には、難しくてよく分からないけれど
ビジネスの駆け引きも外交の駆け引きも通じるところがあるのだろう。

最近の6カ国協議のニュースを見て、私の周りで交わされていた会話。

「いいように振り回されて。黙って何も言わずに見ていればいいのに。」

そして、ふと思った。

真っすぐで、裏表が無くて、駆け引きが下手で、いいように扱われて。

DESTINY序盤のカガリは、オーブは、今の日本なんだろうなと。

日本も、カガリみたいにしっかり立てよと、確かに言いたくもなるよね。

若い皆さん、日本の未来のことを考えてみてね。という制作側のメッセージなんだろうな。

|

« のだめカンタービレ 6話 | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY  2007年版カレンダー »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のだめカンタービレ 6話 | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY  2007年版カレンダー »