« どうでもいいことだけど・・・ | トップページ | 最近のファクトファイル »

2007年1月19日 (金)

スペエディⅣを視聴して

先週末、送っていただいたスペエディⅣの録画DVDを見ました。

放送翌日ネタバレ見て、アスカガハグなしにショックを受け、他の方ともその結果について言葉を交わし、自分なりに色々考え、すでに気持ちは落ち着いていました。

だから、『総集編』として冷静に見る事が出来たと思います。

そして、『総集編』としては、まあいいんじゃないかな、という感想を持ちました。

では、何が、まあいいんじゃないかな、なのかと言うと。

各キャラのセリフも行動も心理描写も、何が言いたいのかとっても読み取るのが難しかったDESTINY。いまだにどういう意味なのかよく分からないセリフも山ほどあります。

でも、スペエディⅣでは

分かりやすくなっていたと思います。以下の事が。

デスティニープランとは何か。
議長が作ろうとしていた新しい世界とはどんなものか。
ラクスたちやオーブがそれに異を唱えるのは何故なのか。
何故、ラクスは『戦ってよいのです』『戦わなくてはならない』と言うのか。

そして、

議長のコマであった3人(ミーア、シン、レイもここに入れておきます)の心の変化。
これも、本編と比べて分かりやすく描かれていたと思います。

制作側のスペエディⅣでの主な目的は、このデスティニープランとそれを取り巻く人々の立ち位置や思いをよりはっきり描き、その結果を映画につなげることだったのではないでしょうか。

その為、見せたい部分以外はばっさりカット、セリフの言い回しもかなり変わって分かりやすくなっていましたよね。

そして、もう一つ。

私は他の方から言われて気づいたのですが、『ガンダム』ですからね。MSはきちんと描かなければならないようです。それは押さえておかなきゃならない基本なのでしょう。

本編での作画のおかしかった所とでも言いますか、Sフリーダムがフリーダムになっていた所の修正や、同じ戦闘シーンでもビームシールドの形状が本編よりはっきりしていたり、Sフリーダムの腹部のビーム砲の発射時の表現を本編と変えていたりと、MS戦の細かな修正が結構なされていたようなのです。

アスカガについては

本編どおりでしたね。アスカガなところは皆無と言っていいくらい。だから、待っていたのよね。あのハグを。

あれでは、ハグを期待しつつ待っていたリアル視聴組の皆さんが、怒ったり、嘆いたりする気持ちはよ~く分かります。私もリアルで見ていたら、もっとショックが大きかったと思います。

DESTINYではやっぱり、カガリについては「代表首長としての成長」がメインなんでしょうね。だからスペエディではそこに絞って描いた。スペエディⅠでは、その事を強調するための変更がなされていましたしね。

そして今回、本来のカガリらしさが戻っていましたよね。あのAA内でのミーティング時のカガリは。彼女の成長を表す描写が追加されていたことが一番うれしかったです。

最後も『何にも頼らずオーブの頭首として自立しようとする決意』を示す所で終わり。

でも、指輪をはずして大事にしまうというあの行為がちゃんと描かれたことによって、カガリがアスランのことを諦めた訳ではないということはわかると思うのですよ。カガリのアスランへの想いは「捨てた」のでは無い。やはり「封印」です。心の中に大事にしまって、時が来るのを待っているんだと思います。それまでは、公務を優先し代表首長として頑張る。

そして、アスランが『焦らなくていい。夢は同じだ。』と言い、『為政者であるカガリを戦士として守る』という答えを出し、オーブに残るのであれば、ハグが無くとも「アスカガを別れさせようとした」のではないことが視聴者に伝わるだろうと制作側は思ってるんだろうと思います。

『成長した』という事を取り上げるのであればカガリだけでは無いですね。アスランもカガリも、DESTINYでは恋愛面ではなく、彼らの成長に重点を置いて描かれていたと思います。だから、そのことだけ捉えて言えば、アスカガは充分にDESTINYの主人公だったと思いますよ。

それなのに、いい所は全部キララクに持っていかれて、望みのハグは無し。なんて不憫なんだ君達、そして私達・・・(泣)

アスカガハグがカットなのは、やっぱりキララク優先だからかなと。キララクハグの場面は劇場版への布石でしょうからね。

でも、そのキララクハグにも、白服キラの説明が何も無かった事で、結構不満が出てるみたいですね。

DVDラストの『驚愕のサプライズ』は何なのでしょう?白服キラになった過程が説明されるのか?

元々DVD視聴組なので、放送前からすでに予約済み。手元に届き次第ラスト見てネタバレUpするつもりです。

あ~、何だか時間がかかった割にはしょうも無い内容になってしまいました。

スペエディⅣ視聴後にスペエディⅢも見て、ほかの方の視聴後の感想記事も見て、考えた事は色々あるのですが、収拾がつかなくて、上手く文章にも出来なくて、まとめるのは断念しました。

とりあえずここで一旦切ります。

自分でも先が見えないので、どうなるかは分かりませんが、これから何回かに分けて、色々思った事を思ったままに書いてみようかなという気でいます。

では、続きはまた今度。

|

« どうでもいいことだけど・・・ | トップページ | 最近のファクトファイル »

SEED /DESTINY」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
カノンさんとSEⅣ感想については、ほぼ同意見です。
ネタバレ知った上でかなり冷静に見ると、(本編に比べて)かなり良いまとめ方をしているな~と感じました。
それぞれのキャラクターが、(ドキンの思っている)らしい話し方、考え方で、共感でき、話の進行が納得できる。
確かに残念な点も、上げればポツポツあるのだけれど(もっとアスカガ!もっとギルタリ!もっとムウマリュー!などなど・・・)。
しかしまあ、あれはあれで、納得でしたね。
個人的に、最後のアスランナレーションで、カガリの凛々しい姿が映る場面が、かなり気に入りましたし・・・^^

投稿: ドキンちゃん | 2007年1月20日 (土) 03時19分

ドキンちゃん
こんにちは。いっつもコメントどうもです♪

私もドキンちゃんの記事は読ませていただいてましたよ。多分同じ時期にスペ4見たと思うんですよね。

私もコメント入れようと思ったのですが、最近ドキンちゃんのところは勢いが凄くてどんどん更新してるのに、私は予告したものの全然記事UP出来ない状態だったので、今回もやっぱりこっちが先?ってことになりまして。ハハハ・・・ゴメンネ。タイミング外しましたが今からでもokですか?

>もっとアスカガ!もっとギルタリ!もっとムウマリュー!などなど・・・。

そうですね。欲を言えばそうなりますが、総集編ならばストーリーを追うことがメインでしょうからこんなものなのでしょうね。

映画もこんな感じなのかな、と期待しないよう自分に言い聞かせてます。(予防線はちゃんと張らないとショックが大きいですからネ/笑)ストーリーが破綻してて、「訳わからな~い!!」っていうのだけは勘弁なので、ラブラブなシーンも欲しいけど、百歩譲って、今回のようにカガリが「カガリらしく」アスランが「アスランらしく」頑張ってる姿を見ることが出来るのであればよしとしようと思ってます。

投稿: カノン | 2007年1月20日 (土) 16時41分

 SE4をフレッツスクウェアで見た感じ、外伝のひとつとされる⊿ASTRAYと一緒に見ると面白い感じです。デスティニープランにもDESTINYとは違った形でアンチテーゼを突きつけていますし。DESTINYというボールを面白い形で打ち返していると思います。
 現在の⊿ASTRAYは時期的には、地球連合軍は敗色濃厚な状況、というかデスティニープランの名前が出てきていますからね。ちょうどSE4の前半にかぶる時間軸だと思います。こちらの方はマーシャンというSEED及びDESTINYでは未登場の勢力が出てきます。

投稿: G.O.R.N | 2007年1月20日 (土) 22時35分

カノンさんの感想、読ませていただきました。
キラスキーとしましては、
>いい所は全部キララクに持っていかれて
…とは思わないんですよ。
キラとラクスは結局、お互いがどう向き合って、どんな過程を経て
今こうなっていますという説明が全くないままにカップル要員として
くっつけられたようにしか見えないですもん。
その点迷ったり悩んだりあっちにふらふらこっちにふらふら
しているアスランと、不器用で自分の気持ちをうまく伝えられず
自分の立場との折り合いもつけられないカガリの方がよっぽど
ドラマチックですよ。キラとラクスの空白の時間ももっと描写して
ほしかったなあ、と思います。
アスカガは恵まれてますよ、ホント。
(とはいえやはり直接的な描写も欲しいですよね(笑)

当サイトへのコメントありがとうございました。
トラックバック打たせていただきました。

投稿: すてら | 2007年1月20日 (土) 23時45分

G.O.R.N さん
こんばんは。
スペエディ4ご覧になったんですね。

>外伝のひとつとされる⊿ASTRAYと一緒に見ると面白い感じです。

私は、アストレイシリーズは中途半端に読んでるので、分かっているようで分かってなかったりします。
⊿アストレイは割りに読んでる方ですけど、今月号はまだ読んでなかったのでG.O.R.N さんに言われて慌てて読んでみました。

>デスティニープランにもDESTINYとは違った形でアンチテーゼを突きつけていますし。DESTINYというボールを面白い形で打ち返していると思います。

あぁ、ほんとだ。このセリフ、もろにそうですね。
「人はどのように生きるか、それを自分で決めることが出来るのです。」
「あの子はもう気づいています。人は遺伝子の定めを超えて進化できることを。」

意識的にそうしてるのでしょうか。前作に出てきたときとキャラの雰囲気が違っている所とかも含めて、セトナがまるでラクスのようですね。(笑)
⊿アストレイも、この後どんな展開になるのか楽しみですね。

投稿: カノン | 2007年1月21日 (日) 23時48分

すてらさん
こんばんは。
記事UP遅くなりました。TBありがとうございました。

>~よっぽどドラマチック
>アスカガは恵まれてますよ、ホント。

うわ~、ナルホド~!!
やっぱり、色んな意見、聞いてみるモンですね~。
そうか。キラ視点で見るとそうなるんですね。
アスカガも空白の2年間については想像するしかありませんけど、確かにキララクに関してはフレイのことも含めてその経過はすっ飛ばしで、いきなりラブラブですもんね。その辺をちゃんと描いて欲しかったという気持ちも分かりますよ。うんうん。

ありがとうございます。
初めて制作サイドに感謝の心を持たなくちゃと思いましたよ。(笑)

投稿: カノン | 2007年1月22日 (月) 00時15分

またまたお邪魔を・・・

>今回のようにカガリが「カガリらしく」アスランが「アスランらしく」頑張ってる姿を見ることが出来るのであればよしとしようと思ってます。

本当に、コレは強く思いますね(苦笑)
劇場版にて、全てを描ききれるとは・・・言い難いだけに^^

コメントの件、いつでも結構ですよ!
時期が遅くても全然構いません^^
むしろご意見を頂けた方が嬉しいですしね!!

投稿: ドキンちゃん | 2007年1月22日 (月) 02時10分

ドキンちゃん
こんにちは。またまたどうもです。

昨日ココログの調子が悪かったみたいで、記事もコメントもかけませんでした。度々ごめんなさいね。

>劇場版にて、全てを描ききれるとは・・・言い難いだけに^^

ですよね。何を何処まで入れてくれるのか。
期待しないで見たら、喜びは大きくショックは少ないからって事で。

>コメントの件、いつでも結構ですよ!
どうもです。
それでは、タイミングはずれててもお邪魔したいと思います。

投稿: カノン | 2007年1月23日 (火) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114192/4905986

この記事へのトラックバック一覧です: スペエディⅣを視聴して:

» [機動戦士ガンダムSEED DESTINY] スペシャルエディション 自由の代償 [うわのそら]
放送地域外なので実家の妹に録画を頼み、昨日やっと見終えました。 本編自体の本放送から時間が経っていることもあって、細部はよく覚えていなかったり。一緒に観ていたダンナに何度「こんなシーンあったっけ?」と確認したことか。しかし実際には本編には出てこず、Final P... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 22時49分

« どうでもいいことだけど・・・ | トップページ | 最近のファクトファイル »