« これほしい! | トップページ | ネタが・・・ »

2007年12月 2日 (日)

スクコマ2(改訂あり)

スーパーロボット大戦 スクランブルコマンダー the 2nd

スーパーロボット大戦 スクランブルコマンダー the 2nd

少し前から、あちこちのサイト様でこのゲームの中に「アスカガがある」という情報を目にして公式サイトに行ってみたりしましたがまったくそのような情報にはありつけず、あの水木一郎のアニキがTVCMやってるゲームだという事が分かっただけでした。(笑)
そのままネットに繋げぬ事一週間。やっと先週の土曜日になって噂の核心部分にたどり着けました。
もうすでにあっちこっちでアスカガファンの皆さんが大盛り上がりしてました。
思いっきり叫ぶには出遅れちゃったよ。(笑)
それでも、おお~っ!!っと思わずにはいられませんでした。

これで、多くのアスカガファンが劇場版公開まで、心穏やかに待っていられるようになったのではないかなと思います。o(^-^)o
そして、それぞれの萌えを刺激されて、妄想の華がこれからしばらくの間、沢山開きそうですよね。楽しみだわ。(笑)
私も、これは書いとかなきゃ!!って思ったもの。
こうやって、情報は広がっていくのですね。

さて、ゲームの内容については、すでに他の方々が感動と興奮と共に記事にして発信していらっしゃるので私は少し感想を。


今月のアニメージュのSEED占いがアスランで、そこには同じく「もう迷わない」の一文がありました。

しかし、アスランの気持ちがもう全然ぶれてないという事は私は分かっていたつもりなので、今回はむしろカガリの「私は待ってるぞ!」的なセリフのほうが、嬉しかったのですよね。
DESTINYの終わりの時点での気持ちがよく分からなくて、私が不安に思っていたのはカガリのほうだったので。

私の中では、これでアスカガ安泰です。(笑)

これを本編でやって欲しかったという意見を幾つか拝見しましたが、これは、必要以上に「女難」をあおりすぎた事によって、誤解を招いて自ら墓穴を掘ったことへの反省と、今でもアスカガを応援しているファンへのサービスなのかな?なんて思いました。(思いっきり好意的に解釈して)

制作側はファンがこの作品や各キャラをどう見てるのかとか、どうして欲しいと思ってるのかをちゃんと分かってるのではないのかな、とSEED clubなんかを見て、最近思うのですよね。

でも、そういうファンの気持ちを分かった上でも、たぶん本編ではこういうことは『できなかった』のではないでしょうか。
その理由は、もう何度も言ってます(しつこすぎ?)けど、監督のこだわりの『キャラクターの行動と感情だけで見せる演出』、『何でもかんでもセリフで説明してしまうような事は、なるべくやらない』つまり『行間を読め!!』って事が原因だと思うのです。

だから、本編ではもちろん、分かりやすく作り直したはず(?)のスペエディでさえもこういうストレートなセリフは言わせることは出来ないのだと思います。たとえ、その方がファンが喜ぶと分かっていても。

代わりに、ゲームや種キャラでは(先日のミーアの人魚姫でも)しっかりアスカガ強調してフォローしてますよね。

そして、ゲームの場合は本編とは逆に、動きや表情が出せないので、すべてをセリフで説明する事になり、アスランのセリフをマリューさんが解説してくれる、二人の関係をバルトフェルドさんが解説してくれる、ということになったのだと思います。

やっぱり、絶対こっちのほうが支持者は多いですよね。(苦笑)
行間を読むより、アスランに言葉にして言って欲しい、女性の場合は特にそう思うでしょ。

以前某ブログで、ファイナルプラスのハグの時に、抱きしめるだけじゃなくて、今のアスランの想いをちゃんと言葉にしてカガリに伝えて欲しいっていう意見をたくさん拝見しました。

今回は、それが実現した訳で、イヤ~、みんなが待ち望んだものだけに、この盛り上がりはしょうがない。

でもね・・・、本編だけでなく、きっと劇場版でもアスカガファンが小躍りして喜ぶようなセリフはないと思います。(盛り上がりに水をさしちゃってゴメンなさい。(~_~;)だけど、セリフじゃなきゃいいんだから(アスラン、行動で示してくれ!)、『あの二人の仲を裂こうとしていたわけではない』という両澤さんの言葉、アスカガ安泰って事は信じて待ってていいんじゃないかなって思います。(あっ、でも、ウエディングまでは期待しないほうが・・・。/爆)

|

« これほしい! | トップページ | ネタが・・・ »

アスカガ」カテゴリの記事

コメント

カノンさん、こんにちは♪

・・・せっかく頂いた「男性声優バトン」なのに、最初の「一番熱い声優さんは?」で躓いて、先に進めません・・・・・もうちょっとお待ちください。

さてさて、私もこの「スーパーロボット大戦 スク~」の記事、読みました!!
大興奮でした(笑)
ただ、どうやら声はないのでしょう?
もし、あのセリフを石田さんの声で聴けるなら、即購入なのですが・・・・・
・・・でも、ゲームは苦手だから、あの会話に行き着けるかしら・・・・・

それにしても、さすがはフリーダムなキラ様。
いいツッコミをしてくれますね(笑)
キラが、こういう役に徹してくれたら、デスティニーは最高に盛り上がったでしょうに♪

ま、終わったことをくどくど言っても仕方ないのですが(苦笑)

劇場版では、心機一転、妙なこだわりを捨てて、観る側の視点にたっての製作に徹していただきたいものです。

投稿: アサ子 | 2007年12月 3日 (月) 11時37分

アサ子さん
こんばんは。
アサ子さんも見に行かれました?
大サ-ビスですよね。(笑)

どうやら声は出ないみたいですね。
私もゲームはまったくダメな人なんで、今まで買った物もやってもらって横で見てるだけなんですよ。
でも声が出るって言うんだったら勿論買いますよ~、私も。(笑)

>キラが、こういう役に徹してくれたら~
ホントですよね~。
これ、二次創作ではよく見かけるキラなんですけどね。アスランをいじって遊ぶ。(笑)

それにしても、このゲーム。
あくまでも「スパロボ」であって「SEED」ではないんだから、アスカガ好きを狙って作ってるわけではないと思うんです。それなのにこの展開!
1年前だったら、もっと多くの人が知ることができて喜んだことでしょうに。今でも、こうやってSEED情報集めてる人間のほうが珍しいのではないかしら。
ええ、終わったことをくどくど言っても仕方のないことですけど。(苦笑)


>観る側の視点にたっての製作
ホントにお願いしたいものですよ。これだけのセリフでこんなに盛り上がるじゃない、ねえ。(笑)

> バトン
そうですか。一つ目で悩んじゃってるんですね。(笑)
だったら、もう、熱い人全部挙げちゃってくださいよ。
私は、あんまり声優さん詳しくないんでいろいろ教えてください。
檜山さんなんかが出てくるのかな~?
ゆっくり考えてくださって結構ですよ。楽しみにしてますね。

投稿: カノン | 2007年12月 4日 (火) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114192/9206630

この記事へのトラックバック一覧です: スクコマ2(改訂あり):

« これほしい! | トップページ | ネタが・・・ »