« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月の記事

2009年1月29日 (木)

メイリン その4

ルナマリアとメイリン。
この二人はお互いのことをどう思っていたのでしょうか。

「赤」のルナマリア。
活発で、積極的で、面倒見がよくって、おおざっぱな性格?(笑)
妹のことは、私がいないと何もできない、頼りない子だと思っている。心配で心配でほっとけない。まるで保護者のような感覚。

「緑」のメイリン。
姉に比べ、おとなしくてあまり目立たない。「赤」の姉に対してコンプレックスを抱いていた。姉から子ども扱いされることがいやだった。ちゃんと認めてもらいたかった。でも、その一方で世話を焼いてくれる姉に甘えていた部分もあったのではないか。
(化粧品を大量に買い込んだり、こっそりルナのスカートを履いてみたり。あれはルナへの対抗意識だったのかもしれませんね。)

こんな感じでしょうか?

ルナマリアはメイリンのことを、頼りなくて「軍人としての自覚がない」(byスーツCD)と言っていました。私は「赤」であの子は「緑」。私が助けてあげないと何もできない。変なことをしたり失敗したりする。
そう思っていたのでしょう。

だから、アスランと一緒に脱走したと聞かされて、頼りないフラフラした子だから、アスランに騙されて、利用され、死んでしまったと思っていた。

でも、騙されていたのは自分の方だった。

そこで初めて、妹に対する見方が変わったのだと思うのです。

私に見えてなかった事もちゃんと見えていた。
おまけに、「どっちのラクス様が本物か、なんでわかんないのっ?!」ってお説教までされて。。。

「軍人の自覚」もちゃんと持っていたんだな、と思ったのではないでしょうか。

『危なっかしくて私が守ってあげないと何もできない妹』から『私がいなくても大丈夫な妹』へ 。この事件を通して、ルナマリアのメイリンを見る目も変わったのだと思うのです。

そしてメイリン自身も、このことがきっかけで、自分に自信がもてたのではないでしょうか。

かなわないと思っていたお姉ちゃんに認めてもらえた。
姉に対して抱いていたコンプレックスを解消できたかもしれません。     

もう一度、ファイナルプラスラストの慰霊碑の場面に話を戻します。

私は前の記事(メイリン その2)で「アスランと一緒に歩いて行く部分はやっぱりおまけだと思うのですよ。」と書きましたが、もしかしたら、あの場面、メイリンにとって「アスランと一緒に行く」ことではなく、「ルナと別の道を行く」ことに意味があったのではないかと思うのですよね。

だってね、あの場面、アスランとメイリンは、明らかにほかの二組とは違ってるでしょう?
ぴったりとキラに寄り添うラクス、にっこり微笑みあうシン&ルナ。この二組はカップルと言われればそうだと思うけれど。
アスランはどちらかというと伏し目がちで表情も暗い。
それに比べて、その後ろからついて行くメイリンの表情の明るいこと。目線はまっすぐ前に向けられていて。

この場面、もしアスランと一緒に行くことに意味があるのであれば、それはアスランと一緒に行くことで「ルナマリアと別の道を行くこと」つまりメイリンの「姉からの自立」を表現しているのではないかと思うのです。

アスランはやっぱりおまけなんだってば!(笑)

この場面のアスランは「メイリンの保護者」のようなものだという意見があったのですが、私もそう思っています。

DESTINYはメイリンを主体にして考えた場合、「姉妹」の物語であり、メイリンにとって「姉からの自立」、「ザフトの軍人としての成長」物語だったと思うのです。

アスランはその物語を面白くしてくれるスパイス。
メイリンの成長にとって変わるきっかけをくれた人だから、とっても重要なスパイスに違いないのだとは思いますが、決してメインディッシュではない。

と、私は思っています。(*^_^*)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

メイリン その3

では、

「本物」を見ていた妹と「偽物」を見ていた姉。
アスラン・ザラという男の中の「本物」と「偽物」を見ていたが為に袂を分かち、戦うことになってしまった姉妹。

について、具体的に詳しく書いていこうと思います。

以前、別の記事で女難についてのコメントをいただいた時に、私は『メイリンの存在意義はルナマリアとの対比だと思います』と答えています。
この姉妹をアスランに絡めることによって、その違いを出そうとしていたのだと思ったのです。

今回、この記事を書くにあたって、両澤さんがインタで触れている部分がないかと思って読み返してみたのですが、その結果、これかな?と思いあたったのが、「本物」と「偽物」、「ウソ」と「真実」でした。

続きを読む "メイリン その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイリン その2

遅くなりました。

それでは、この作品におけるメイリンの本当の役割について考えていきたいと思います。
(アスランがメイリンのことをどう思っているかとかは、椎名さんがちゃんと書いてくださるような気がするので(^-^)

両澤さんはメイリンのことを『アスランのもう一つの可能性』だと言い、
『ゆっくり静かにですが、じっくり見ていく子』なので、『アスランも彼女の側なら、案外ゆっくりできるかもしれませんよ。』と言っていました。

こう聞くと、アスカガファンとしては、メイリンはアスランのために用意されたキャラクターだったのか、と思い心配になるんだと思うんですよね。
(まあ、あんな風にずっと傍にいて、甲斐甲斐しく世話をしようとするのを見ていれば、当然だと言えば当然だと思いますが…。(^_^;)

メイリンは確かにアスランのことをちゃんと見ていた、しっかり見ていたと思います。
しかし、メイリンのこの『ゆっくり静かにですが、じっくり見ていく子』という設定は、この作品における彼女の本当の役割のために用意された設定なのであって、決してアスランの為に用意された設定ではないと思うのです。

続きを読む "メイリン その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

すっかり明けてしまいました

あけましておめでとうございます。

年末年始は、どたばたと過ぎ去り、まったくネットに繫げませんで、あっという間に仕事始めとなりました。

人からよく聞いていた話ではありますが、年々、月日の経つのがほんとに早くなりますね~。

2008年、あっという間でした。ジェットコースター並みです。(^_^;)

今年もあわただしく過ぎて行くんだろうと思いますが、少しずつでも自分に力をつけていかなくっちゃネと思っています。

ブログのほうは、相変わらずのペースだと思いますが、絵コンテに入ったという映画の進行状況をチェックしつつ、少しずつ感じたことを書きながら、静かに公開を待ちたいと思います。

まずは、メイリンの記事をがんばって書きあげますね。

では、本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »