« すっかり明けてしまいました | トップページ | メイリン その3 »

2009年1月14日 (水)

メイリン その2

遅くなりました。

それでは、この作品におけるメイリンの本当の役割について考えていきたいと思います。
(アスランがメイリンのことをどう思っているかとかは、椎名さんがちゃんと書いてくださるような気がするので(^-^)

両澤さんはメイリンのことを『アスランのもう一つの可能性』だと言い、
『ゆっくり静かにですが、じっくり見ていく子』なので、『アスランも彼女の側なら、案外ゆっくりできるかもしれませんよ。』と言っていました。

こう聞くと、アスカガファンとしては、メイリンはアスランのために用意されたキャラクターだったのか、と思い心配になるんだと思うんですよね。
(まあ、あんな風にずっと傍にいて、甲斐甲斐しく世話をしようとするのを見ていれば、当然だと言えば当然だと思いますが…。(^_^;)

メイリンは確かにアスランのことをちゃんと見ていた、しっかり見ていたと思います。
しかし、メイリンのこの『ゆっくり静かにですが、じっくり見ていく子』という設定は、この作品における彼女の本当の役割のために用意された設定なのであって、決してアスランの為に用意された設定ではないと思うのです。

「アスランのもう一つの可能性」というのは、あくまでもおまけ。
満身創痍で全然動けないのにみんなから放っておかれて、アスラン可哀想だから、ちょっと隣にメイリンを置いてみた。邪魔になるような子ではないので、傷だらけでうまく動けないアスランにとっては案外役に立つんじゃない?くらいの軽いノリだったんだろうな、と今の私はそう思っています。

ちょっと置いてはみたけれど、結果的にアスランもメイリンもお互いを選ばないというのが、既に両澤さんの中にはあったんだと思うんですよ。あくまでも「可能性」であり、実際にはそうなるとは思わない。それは、「そのキャラらしさ」を大事にしてキャラの心情に寄り添って考えていくと、アスランやメイリンが勝手にそう動いていく、ということだと思うのです。

さて、この作品におけるメイリンの本当の役割。
両澤さんが、メイリンを通して、いえ、メイリンとルナマリア、この二人を通して描きたかった事とは何なのか。(この二人は、どう考えても対なんですよ。)

それは、両澤さんがインタの中で語っていた、この作品のテーマ
「本物」と「偽物」
「ウソ」と「真実」
なのだろうと思います。

「本物」のラクスに「偽物」のミーア。
ルナマリアとメイリンの姉妹は、この「本物」と「偽物」を見ていた二人。
「本物」を見ていた妹と「偽物」を見ていた姉。見ていたものが違ったために運命が変わってしまった姉妹。

もっと別の言い方をすれば、アスラン・ザラという男の中の「本物」と「偽物」を見ていたが為に袂を分かち、戦うことになってしまった姉妹。
そういうことが描きたかったのではないか。

そして、最後に和解をすることで今までの姉妹の関係が変わり、さらに軍人としても成長を遂げた。
そういう二人を描きたかったのではないか、と思うのです。

ですけど、視聴者を引き付けるための「女難」表現と各雑誌がそれを煽ってしまったこと、両澤さんが後のインタで語っていたように「メイリン」も「ルナマリア」も自分が思っていたようにはきちんと描ききれなかったこと。それらのために両澤さんの本当の意図が伝わらず、見る側もそういう目で(カップリングとして)しか見られなくなってしまって『最後はアスメイだ』などという意見が出てきてしまったのではないか、そう思うのです。

ファイナルプラスラストの慰霊碑のシーンも、本当ならばメイリンにとっての大事な部分はルナマリアと顔を見合わせにっこりと微笑み合う、あの部分であって、アスランと一緒に歩いて行く部分はやっぱりおまけだと思うのですよ。

本来おまけであるはずの部分を視聴者が最重要視してしまう。それは制作側の誤算だったのか、それとも表現のまずさだったのか、雑誌の煽りに乗ってしまうからなのか、いったい何なのか。
たぶん、それら全部ひっくるめての結果ではないかと思うのですが、両澤さんが反省されている点であることは確かだと思うのです。
それを、映画ではどうするつもりなのか、やっぱり気になるところではありますね。
 

    ←その1へ                                                               その3へ→

|

« すっかり明けてしまいました | トップページ | メイリン その3 »

アスカガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114192/27116539

この記事へのトラックバック一覧です: メイリン その2:

« すっかり明けてしまいました | トップページ | メイリン その3 »