« 全然間に合わなかった (>_<) | トップページ | 2010 »

2009年12月15日 (火)

「Reason」を見た

久しぶりにAMCの『Reason』を見てみました。

実は、今までじっくり見たことがなかったので
「あら、キスシーンは8話じゃなくってスぺエディバージョンだったんだ。」
なんて、今更ながらに気づいてみたり。。。

で、ふと思ったんです。

両澤さんの「勘違いの恋」の解説(?)記事の内容を映像に直すとAMCの『Reason』になるのかしら、と。

いや、唐突ですいません。

ず~っと放置状態のこのブログも、ありがたいことに「勘違いの恋」の記事は未だに読んでいただけていまして、この夏にDESTINYに嵌り私が書いた記事に共感してくださった、という方からコメントをいただき、しばらくメールのやり取りをしたりしてました。(うれしいですよね~。なんだかんだ言いながらも、放送終了から数年経ってからでも、ファンになってくださる方がいるんですから。)

また、最近、久しぶりにネット徘徊してみたら、昔の「勘違いの恋」関連の両澤さんの発言やそれに関するご意見などを拝見しまして、
「あら~、まだネット上で話題に上ったりしてるんだ~」なんて思いながら、改めて両澤さんのおっしゃった内容をじっくり読んでみたわけです。

そして、その後でAMCの『Reason』を見てみたところ

これらを交互に見てみたら、当時大騒ぎになった『勘違いの恋』という言葉の本当の意味、両澤さんが言いたかったことがよくわかるんじゃないかな、と思ったわけです。

『勘違いの恋』というこの言葉は、かなりインパクトがあって、一気に広まってしまったけれど、その後に行われた「どういう意味で使ったのか」という説明は同じようには伝わってないと思うのですよね。

両澤さんの真意を映像で、監督の立場から伝え直そうとしたのがAMCの『Reason』なのかしらと思ったのです。

AMCの『Reason』の中で描かれているのは、両澤さんの言うアスカガの『お互いの周辺や別の面や、いわゆる現実というものが現れてくる』部分なんですよね。

MCの最後のほう

「アスラン・ザラ、セイバー発進する」の映像に
『ありのまま出会えてた その奇跡 もう一度信じて』の歌詞
そして、エンディングでSEEDの24、31、43、48話の二人

この映像を見た後に

『その現実の激流の中を行って、 やはり揺るがなかったら本物、と言う事で「SEED DESTINY」ではそこを描きたかった』という両澤さんの言葉を聞けば、確かに二人にとって試練ではあるけれど、そこには《頑張れよ》というエールが込められていたんだなと思えるのです。

ただ知り合ってお互いに気持ちが通じ合えば、はいラブラブでハッピー、にはならないでしょうという事です

お互いに好きになった同士だって、その後の相手の色々な面を見ていく事になる。
お互いの周辺や別の面や、いわゆる現実というものが現れてくる。

それでも揺るがないのが本当の愛情だと思うので、「SEED」の終わった段階まででは、この二人はまだまだだと。

まだお互いのことを知らなすぎるんで、その「好き」は盛り上がっての勘違いか本物か まだ判らないよ、と言う事だったんですが。
二人を取り巻く現実は、キラとラクス以上に厳しいわけですからね

現実に立ち戻ると、 あの二人の恋はとてつもなく不安なものなんです。

その現実の激流の中を行って、 やはり揺るがなかったら本物、と言う事で「SEED DESTINY」ではそこを描きたかったんです。

決して、二人の恋が幻だったわけではなく、お互いに好きという気持ちは生まれたでしょうが、まだ入り口という事です。

彼らには彼らなりの愛情の形がある筈なんですが、二人はそれを二人でこれから見つけて行かなくてはならないという事で。

                     アニメージュ 2006年4月号より

|

« 全然間に合わなかった (>_<) | トップページ | 2010 »

アスカガ」カテゴリの記事

コメント

カノンさん、こんにちは♪

この記事を読んで、初めて『Reason』をみました!
何だか、アスランが痛々しくて、歌詞を聞くことも、映像の意味を考える事もできませんでした・・・・・・・・
SEEDの時も十分痛々しかったですが、デスティニーのアスランは直視できません。

アニメージュ 2006年4月号で両沢さんが言う「お互いの周辺や別の面」は、つまり、アスランもカガリもお互いの事が好きだけど、国とか平和といった「周辺」を優先させてしまう「別の面」なのでしょうか?

カガリにとっての一番は「オーブ」であって、アスランではない・・・と。
カガリの立場が微妙な時に、一人でプラントに行って、さっさと復隊とかしちゃうアスランも、やはり「プラントと地球の平和共存」が最優先事項なのかも。

「やはり揺るがなかったら本物」
それはそうなんでしょうし、二人の気持ちは、揺るがなかったのだと思っています。

でも、アスランにとってカガリが一番だとしても、カガリにとってアスランは一番の存在にはなれないとしたら、そんな相手との恋愛関係って、相当大変だろうな、という気がします。

「彼らなりの愛情の形」は、少なくとも、結婚してハッピーエンドとか、そういう解りやすい形ではない・・・・・と思えて仕方がありません。
 
 

投稿: 木村アサ子 | 2009年12月17日 (木) 12時22分

アサ子さん こんにちは~♪

お返事遅くなってしまってすいません。m(_ _)m


>アスランが痛々しくて

アサ子さんはアスランの不憫なところが好きなんでしたよね。(^-^)
バトンを読ませていただいた時に、私も「そう、そう」とうなずいてました。

大丈夫ですよ。ちゃんと、アスラン成長しましたから。
しっかり見守って、応援してやってください。(^v^)

「不憫だなー」とか「痛々しいわー」と思いながら見ていると、ずっとその気持ちを引きずったまま負のスパイラルにはまり込んで、なかなか気持ちの切り替えとか他の考え方が出来なくなったりしませんか?
私がそうだったんですよね。


>「お互いの周辺や別の面」は、つまり、アスランもカガリもお互いの事が好きだけど、国とか平和といった「周辺」を優先させてしまう「別の面」なのでしょうか?

そういうことも含まれると思いますが、もっと広い意味での「周辺や別の面」ではないかな、と思います。

私たち一般人に置き換えるとすれば
お互いが好きならばそれでいいと思っていた。でも、いざ結婚となると、その後ろにお互いの親兄弟、親戚がもれなくついてくる。それから、お互いの持っている仕事もある。
そういう周りの人間関係や状況が結婚の障害になったりすることってありますよね。

アスカガの場合、それに当てはまるのが「代表首長」と「護衛」&「パトリック・ザラの息子」であったり、「お飾りの代表」と「セイラン家」であったり、さらには「また戦争に向かっていく世界」だとか「国力が衰えたオーブ」だったりして、なかなか自分に引き寄せて考え理解するのは難しいんだと思います。


>カガリの立場が微妙な時に、一人でプラントに行って、さっさと復隊とかしちゃうアスラン

これは、批判されても仕方がないことかなとは思います。

監督が、インタで「彼が持っているワガママだったり独善的だったりする部分を出したうえでのカッコよさというのが狙いだったのだが…(略)」って言ってるんですけど、それが一番表れてるのが、この場面じゃないかと思うんですよね。

ただ、この時のアスランにとって「プラントと地球の平和共存」がカガリよりも優先なのではなく、カガリのための「プラントと地球の平和共存」だったんだと思います。

「再び、戦争が起こらないこと」がカガリの願いであり、カガリの為に、今は傍にいることよりも行動を起こすこと(それまでは何かしたいと思う気持ちを打ち消しながら過ごしていたのではないかと思うので)の方が大事だと思ったんではないかなと思うんです。


>「彼らなりの愛情の形」は、少なくとも、結婚してハッピーエンドとか、そういう解りやすい形ではない

そうですね。私もそう思います。この二人の恋愛は、二人とも今より器の大きい人間になれないと先に進めないと思うので相当大変だろうな、と思います。

でも、
アスランもカガリも、二人で一緒にいることが何よりも大事だと思う人ではないような気がするんです。
「夢は同じだ」とアスランが言ったように、遠距離恋愛になったらダメになってしまうタイプではなく、たとえ傍にいなくても同じ夢や目的を持つことでつながっていられる人たちなのではないでしょうか。
そして、例え一番の存在にはなれないとしても、お互いがお互いの夢を支える人になりたいと思っている、そんな気がするんです。
だから、「彼らなりの愛情の形」というのは、結婚することではないかもしれないし、結婚するにしても一般的な普通の結婚の形にはならないのではないかと思うんです。

先日TVで「卒婚」の夫婦が取り上げられてました。
籍は入っているんだけど、別居してそれぞれ自分のやりたいことをやっている。
10日に一度くらいしか会わないので、恋人同士に戻った様に仲がよくてケンカもしないし、離れて暮らしているからこそ相手に対する優しさや気遣いが自然と出来るようになった。
と言ってました。

アスカガの場合、こんな形もありかな、と思います。


投稿: カノン | 2009年12月20日 (日) 02時38分

カノンさん
 
おひさしぶりです。エリンです。その後、ちっともあきずにどっぷりSEED&Destiny(アスカガ)にハマり続けています。

AMCはSEED関連の新しい情報がない中で、監督の意図を知るのに一番たしかなものかなと思い、いろいろと見てみました。
Reasonは何度もみています!そして最後のAMCリリースがFind the way で、幸せそうなアスカガ画をみれて、感無量です。ああ、やはりしっかり二人はつながっていくんだ、という監督のメッセージと思いました。(勘違いな結末を迎える二人が最後にあんなに幸せそうに出てこられては困りますから!)
指輪を渡すシーンですが、Reasonではスペエディバージョンが使われていましたが、その後に制作された「焔の扉」では、テレビ版のアスランが頬を染めたバージョンが使われていました。この(粋な?)計らいは何を意味しているんでしょう。

「勘違いの恋」発言、これは、ディスティニーが始まって間もなく監督が言った発言なんでしょうか?そして両沢さんの釈明文は2006年時のものですよね?
ほんとうに誤解を招くまぎらわしい発言だったんですね。カノンさんが引用してくれた両沢さんの釈明?文を読むかぎり、意図はわかりました。まだ幼い、ネンネな二人には試練を与えて、本物の愛情を持ちえるに至るかどうかを探っていこうという。(そしてその実験はまだ終わってませんね)ある意味、丁寧に描いてもらっている?わけですよね。
ただ、勘違いの恋、という言い方をポンと言い捨てはよくないですよね、まぎらわしい!!!。「二人の恋はどうなるかわからない不安定なもの」or「二人の恋の行く末は?勘違いか本物か」くらいで言ってくれていれば。。。(>_<) こんなにもわれわれが紛糾しもがき苦しむこともなかったのでは(笑)

カノンさんがいうように、二人の愛の形は、まさにReasonの「遠く離れてるほどに近くに感じてる」というつながりを地でいくような形の愛になるのかな、と私も思います。普通にいったら別れてしまう率80%くらいの障害の多い二人ですが、敵として出会ったにもかかわらず、心の奥底まで踏み込んでさらけだして対峙してきたその関係性(SEEDでの)を考えると、出会った奇跡を信じたいですよね。Reasonそのままに。

ニュータイプ25周年記念のキャラ投票「最も好きな女性キャラ」というのがあって、その中間発表で、なんと今のところカガリがダントツ1位とのこと。これはすごい結果ですね!びっくりです。(もちろん私もポチっとしてしまいました。ええ。)まだ最終締め切りまで時間があるので、ダントツ1位という結果が変わらないでいてくれるとうれしいなーと思いました。(あ、念のため。アスランも大好きです)

それでは!
ブログには初書き込みです。あいかわらずの長文ごめんなさい。

投稿: エリン | 2009年12月20日 (日) 23時16分

エリンさん
こんにちは~。note
初コメントどうもありがとうございます!(^v^)
そして、こちらも相変わらずの遅いお返事ですいません。
m(_ _)m


>ディスティニーが始まって間もなく監督が言った発言なんでしょうか?そして両沢さんの釈明文は2006年時のものですよね?

え~と、ですね。
「勘違いの恋」という言葉は、DESTINY本編放送終了後の雑誌インタの中で両澤さんが言った言葉です。
「アスランとカガリは勘違いの恋です。だって、カガリはアスランのこと、それほど好きじゃないでしょう。」

というのが原文です。(この原文を探すのに手間取りました。σ(^◇^;)
「カガリはアスランのこと、それほど好きじゃない」なんて言われたら、アスカガファン、特にカガリファンは黙っていられないですよね。
「何言ってんだよ~!!カガリがアスランの事、好きじゃないわけないでしょっ!!( #` ¬´#)」ですよね。
みんな大騒ぎですよ。(逆に、アンチさんたちは、喜んでたみたいです)

「カガリがオーブもアスランもとって、もう一回ちゃんとアスランと向き合えば、ちゃんとした恋人同士になれるかもしれないと思います。もちろん、それにはアスランの努力も必要で、カガリのそばにいて彼女のフォローをしているだけではダメ。
カガリが守ろうとしているのは、国なんですから、そのために自分も世界平和を実現できるようなポジションに行かなければ。極端な話、プラント最高評議会議長になってからプロポーズしに行けと。(笑)そこまでしないと、カガリとうまくいくことはムリなんじゃないでしょうか。」
という、文章が後に続くのですが
「カガリはアスランのこと、それほど好きじゃない」に始まり「カガリとうまくいくことはムリなんじゃないでしょうか。」で終われば、まあ、仕方ないでしょうね。(^_^;)
(笑)が付いてますから、両澤さんは軽い気持ちで話してるんでしょうけど、全体に否定的な文ですもんね。
その当時、両澤さんの真意は全く伝わらず、、「勘違いの恋」という言葉だけが独り歩きして広まってしまい、後に残ったのは誤解と怒りと不信だった、という状態ではなかったでしょうか。

その後、半年位たって、同じ雑誌で、どういう意味だったか詳しく訊かせてください、という形で再びインタに答えられた訳ですが、皆さんの誤解と怒りと不信は、あまり解消されなかったような気がします。

「勘違いの恋」という短い言葉は、ネットを通じてあっという間に広がりましたが、その後の説明(「釈明」だと捉えられている時点で全然伝わってないってことですもんネ)は、原文をしっかり読んだ人にしか、きちんと理解してもらえないと思うんですよ。

>ある意味、丁寧に描いてもらっている?わけですよね。

そうですね。
「彼らなりの愛情の形を二人でこれから見つけて行く」という、その過程を丁寧に描いてもらってるんだと思います。
ええ、まだ終わっていません。先を考えたらいつ終わるのか?って感じですが。。。たぶん、映画でもまだまだ途中経過だと思うんですよね。(^_^;)


でも、時間がたって、心配していたカガリ好きさんたちも割と落ち着いて期待して待っていられる状態になってきたのではないかと思います。
アスメイを煽るような雑誌やネット上の書き込みもありますが、スぺエディの放送終了後、公式に出る映像はアスカガにやさしいものばかり。

>監督の意図を知るのに一番たしかなもの
>Find the way で、幸せそうなアスカガ画をみれて、感無量です。ああ、やはりしっかり二人はつながっていくんだ、という監督のメッセージと思いました。

そうですよね。
アスラン頑張れ、カガリ頑張れって思いながら、信じて見守って行きたいですね。


>ニュータイプ25周年記念のキャラ投票「最も好きな女性キャラ」というのがあって、その中間発表で、なんと今のところカガリがダントツ1位

そうなんですか?! ヾ(≧∇≦*)〃
ここのところガンダムAしか読んでないし、ネットもあんまり覗いてなくって、ほとんど情報を仕入れてないので知りませんでした。

教えてくださってありがとうございます♪  

>あ、念のため。アスランも大好きです
大丈夫です。わかってますよ~(^ε^)-☆


不定期ですが、今後も少しずつ更新していきたいと思っていますので
宜しければ、いつでもまた気軽にコメントしてくださいね。

それでは、よいお年をお迎えください。

投稿: カノン | 2009年12月30日 (水) 00時33分

カノンさん

返信ありがとうございました!

>「勘違いの恋」という言葉は、DESTINY本編放送終了後の雑誌インタの中で両澤さんが言った言葉です。

なるほど、そうだったんですか~。資料をちゃんと探してきてくださりありがとうございました!「勘違いの恋」の真相がやっとわかりました。


>「アスランとカガリは勘違いの恋です。だって、カガリはアスランのこと、それほど好きじゃないでしょう。」
この発言も意外でした!
私はどっちかっていうと、カガリのアスランへの「好き」という気持ちはよくわかった気でいたんですが(頬を染めたりしていたのはカガリばかりでしたし、Destinyでもカガリは結婚こそしようとしちゃったものの、その後、ずっと指輪をはめてため息ついていましたから)、むしろ離れ離れになってしまって以降のアスランの気持ちがよくわかりませんでした。特に、カガリを回想するシーンとか皆無だったので(スペエディでようやくちょっと想い描いてくれてほっとしましたが)指輪を後々苦々しくみていたのも、不安の一要因で。。やっぱり勘違いに気づいちゃったとかなの??と。しかも声をやっている石田さんのカガリへの冷たい?発言を聞くたびに。。追い打ちをかけられ。。→いけない思考ですね。。すみません。

だからなんか意外でした!

でも、カノンさんの勘違いの恋論考を読んでいることもありますし、終盤のアスランの発言と表情を冷静に?見て、いまはアスランの気持ちにも不安はありません!

それでは、どうかよいお年を~!
これからもブログたのしみにしています。2010年はSEEDにもDVD発売以外にもなにか動きがあるといいですね!

投稿: エリン | 2009年12月31日 (木) 14時10分

あけましておねでとうございます。
それから、お久しぶりです。
年末はバタバタしてて、自分のブログの更新すらロクにしてなかったので、すっかりコメントが遅くなっちゃいました。

当時、私にとって『勘違いの恋』に関する両澤さんの発言は、そこだけを聞けば「は?」という言葉ですが、Destinyでの二人と照らし合わせれば、かなり前向きなものであると捉えてた気がします。けど、そういう考え方をする人の方が圧倒的に少なかったように思います。
今でも、私の考え方は変わりません。というか、最初からそれだけは変わってませんね、アスカガに関しては。
カノンさんと同じように、結婚が二人の終着点だと思いませんし、二人で一緒にいることがすべてでも無いと思います。そりゃまあ、ファンとしては、二人が並んで微笑んでくれるのが一番なんですけど。でも、そうではない形と持つのがアスカガだと思うし、二人が今まで乗り越えてきた試練もこれから乗り越えていくであろう試練も、二人にとっては目指す夢への通過点に過ぎないでしょうし、乗り換えたからといって進むのをやめる二人でもないでしょうから、きっと目指す未来のために互いに背中を守りあいながら進んでいくんだと思います。

新年早々、アスカガを考えることができて、とても嬉しいです。なんか、今年はいい年になりそう。
私は、本日朝にこちらを出て実家に帰ります。途中、カノンさんが住む県を通りますので、心の中でカノンさんに愛を叫びますね(笑)。

投稿: きりこ | 2010年1月 1日 (金) 00時53分

エリンさん

明けましておめでとうございます。
再びのコメントありがとうございました。
毎度の遅い返事ですいません。年越しして七草まで終わっちゃいました。(=´Д`=)ゞ


>カガリのアスランへの「好き」という気持ちはよくわかった気でいたんです
>離れ離れになってしまって以降のアスランの気持ちがよくわかりませんでした

たぶん、放送当時もエリンさんと同じように感じられた方は多かったと思いますよ。
そういうこともあって、監督も「アスラン視点」でスペエディを…と思われたんじゃないかと思いますし、カガリを回想するシーンやハウメアを握り締めるシーンもいれてあるんじゃないかしら。
ええ、私も喜びましたョ。
実際、そういうシーンが在るのと無いのでは安心度がまったく違いますもんね。(笑)

>石田さん
いっつもそんな感じですよ~。女性キャラ関連の石田さんの発言は本気でとらないほうがいいです。悩むことになります。(笑)

>2010年
映画の公開が延期になった当初は2010年の12月になったという説もあったようですが、どうなるんでしょうね。進行状況が少しでもわかるような情報が出るといいですね。

投稿: カノン | 2010年1月 7日 (木) 16時56分

きりこさん

明けましておめでとうございます!!
早々にお越しくださいましてありがとうございました。
ご実家はいかがでしたか?ゆっくりできました?
でも、あっという間に学校が始まっちゃいましたね。(笑)

>かなり前向きなものであると捉えてた気がします。けど、そういう考え方をする人の方が圧倒的に少なかったように思います。

冷静に読んでいけば両澤さんのおっしゃっている事の意味はよくわかると思うんですけど、エリンさんがおっしゃるように「カガリの気持ちはわかるけどアスランの気持ちがかわからない」と感じてた方のほうが多かったんでしょうね。
そうすると、だんだん悲観的になってくるんですよね。
だから、アサ子さんの気持ちもとってもよくわかるんですよ。

>乗り換えたからといって進むのをやめる二人でもないでしょうから、きっと目指す未来のために互いに背中を守りあいながら進んでいくんだと思います。

そうそう!!
そうなんですよねー。「進むのをやめる二人」じゃないですよね。
一度や二度折れても互いに背中を守りあいながらまっすぐ進んでいこうとする。それがアスカガですよね。

そういうアスカガだから、大好きだし、こっちもがんばらなきゃって思わされる。

私こそ、年のはじめにアスカガのことを考えお話しすることができて、頑張る力をもらえた気がします。
もちろん、きりこさんの愛もしっかり受け取りましたョ。(笑)

今年もよろしくお願いします。

投稿: カノン | 2010年1月 7日 (木) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114192/32355472

この記事へのトラックバック一覧です: 「Reason」を見た:

« 全然間に合わなかった (>_<) | トップページ | 2010 »