« 2010 | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »

2010年7月 4日 (日)

近況

生きてます!!

半年ぶり?いや、それ以上ですね。

とんでもなく放置してます。あハハ・・・σ(^◇^;)

毎日、5時起きで 家族全員分のお弁当作って7時半に仕事に出る、というリズムに何とか慣れてきました。でもね、体力が衰えてるもので、夜9時以降はヘロヘロなんですョ・・・。

うっかり布団の上で横になろうものなら、そのまま眠ってしまって
あぁ、まだお風呂に入ってなかった
明日の弁当の下ごしらえがぁ~ 
・・・と、夜中にゴソゴソやり始めて、それが終わって2~3時間寝たら、さあまた起きる!
みたいな生活です。

日曜日、BSでDESTINYの再放送をやってますよね。見たいんですけど、その時間帯ちょうど外出していて見られないのです。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

最後に見たのは19話だったかな。

今は、だんだんとシンもアスランもイタタタ・・な状況になっていってるあたりですよね。

放送終了から何年も経ってて、しばらく再放送もDVDも見てないから、CMの入るリアルタイムの放送を見てどんな風に自分が思うのか楽しみだったりしたんですけど

不思議なもので、この先どうなるのかわかってると、つらい場面とか見れなくなっちゃうんですね。席をはずしちゃうとか、TV消しちゃうとか。(笑)

13話はダメだったわ~。

「彼を選ぶとみんなに言う?」
「ユウナッ!!」

この先を、もう見ることができない。

14話なんて、とんでもない、とんでもない。(笑)

で、その後見たのは、17話。
アスランが、まだカッコよかった頃ね。

今回は、3軸ってことを意識して見たのですが
そうやって見ると、この回は確かにキラ、アスラン、シンの考え方がぜんぜん違うんだよ、ということを表していたなと思いました。

コメントいただいて、書きますね~って言ってたのをまだ書いてないものね。ぼちぼち書いていきますね。

|

« 2010 | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぼちぼちお待ちしておりま~す。
5時起きでみんなのお弁当つくって、仕事にいくってすごすぎます!すごいなあ。お母さんは。
私もぼちぼち、ディスティニーみてます。あつも、アスランのバカっって思いながら。。。でも、本人は一生懸命なんですよね。。

投稿: えりん | 2010年7月17日 (土) 21時27分

えりんさん
こんにちは~!!
ご訪問ありがとうございます。時々覘きに来てくださってたんですか?
すいません、ず~っと放置状態で…(;´▽`A``

5時起きでお弁当、独身の頃の私には考えられないことでした。実家の母は大丈夫?ちゃんとできてるって聞いてきますョ。でも、何とかやれるものなんでしょうね。
ただ、この後の心配は、冬だな~。寒いのも苦手で…。(ノ_≦。)

そんなわけで、頭の中をアスカガモードに切り替える時間がなかなか取れないんですよね。ほんとは、25話の前にUPしたかったんですけど、ここにUPするのには、それなりにじっくり考えてじゃないとできないんで。

そろそろアスラン脱走しそうだし。(6 ̄  ̄)ポリポリ
ほんとに、ぼちぼちでいきます。

投稿: カノン | 2010年7月18日 (日) 11時47分

カノンさん

忙しいワーキングママが、アスカガモードに頭を切り替える、たしかにかなり難しそうです!!しかし、いつまでも待ってますので記事を楽しみにしていますよ。

ディスティニーがBSで再放送をしているので、ついスペシャルエディション(アスラン視点だという)も見直したくなって、最近再び見てしまいましたが、それぞれのEDの、Tearsを聞いても、遠雷も聞いても、歌詞をみればみるほど、アスカガの絆や別離や再出発、未来をあきらめてない想いあっている姿をうたっているように思えてなりませんでした。

そして今回、最後の最後の場面、アスランはメイリンと歩いていましたが、その後、エンドロールのアスランの語りで「未来を・・」と語られたときに、カガリが力強く歩んでいる姿が映し出されて(アスラン視点というスペシャルエディションなわけですから)、やっぱり、アスランはカガリをあきらめてない!!とあらためて確信できた次第です。当時の雑誌のコメントとか、解釈とかを抜きにして、改めて見直すと、アスランの性格からしても、カガリとのことをあきらめることは万が一あったとしても、メイリンを選んで手近な幸せをかみしめるという選択肢は普通に「ない」「ありえない」と思いました。
アスカガの壮大な?人生の一部を切り取られたのがディスティニーなのだとも思えますよね。メイリンも本当に良い子でした。みんなのやさしさに助けられ、真実を追い求める強い意志に囲まれて育まれるアスランは幸せ者だなと。
監督ご夫妻、表向きには、アスカガは少なめでしたけど、全体的にみると、すごく丁寧に二人の関係性を描いていっているんですよね。よくよく考えると、この手のアニメで、恋愛関係に関して、こうも簡単にいかない恋愛の姿を現実的にしっかりと(出番は少なくても)描かれるってめずらしいですよね。この手のアニメ(ガンダム等の男子向けロボットアニメ)では、キララク、シンステ型が王道だと思うのですが、それと違うのがアスカガですね。だからこんなにも私たちをひきつけるのでしょうか?

最近では、さすがに私も熱中していられなくなってきてしまいましたが、まだまだ楽しんでいます!

投稿: エリン | 2010年7月26日 (月) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114192/35520874

この記事へのトラックバック一覧です: 近況:

« 2010 | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »