アスカガ

2009年12月15日 (火)

「Reason」を見た

久しぶりにAMCの『Reason』を見てみました。

実は、今までじっくり見たことがなかったので
「あら、キスシーンは8話じゃなくってスぺエディバージョンだったんだ。」
なんて、今更ながらに気づいてみたり。。。

で、ふと思ったんです。

両澤さんの「勘違いの恋」の解説(?)記事の内容を映像に直すとAMCの『Reason』になるのかしら、と。

いや、唐突ですいません。

ず~っと放置状態のこのブログも、ありがたいことに「勘違いの恋」の記事は未だに読んでいただけていまして、この夏にDESTINYに嵌り私が書いた記事に共感してくださった、という方からコメントをいただき、しばらくメールのやり取りをしたりしてました。(うれしいですよね~。なんだかんだ言いながらも、放送終了から数年経ってからでも、ファンになってくださる方がいるんですから。)

また、最近、久しぶりにネット徘徊してみたら、昔の「勘違いの恋」関連の両澤さんの発言やそれに関するご意見などを拝見しまして、
「あら~、まだネット上で話題に上ったりしてるんだ~」なんて思いながら、改めて両澤さんのおっしゃった内容をじっくり読んでみたわけです。

そして、その後でAMCの『Reason』を見てみたところ

これらを交互に見てみたら、当時大騒ぎになった『勘違いの恋』という言葉の本当の意味、両澤さんが言いたかったことがよくわかるんじゃないかな、と思ったわけです。

『勘違いの恋』というこの言葉は、かなりインパクトがあって、一気に広まってしまったけれど、その後に行われた「どういう意味で使ったのか」という説明は同じようには伝わってないと思うのですよね。

両澤さんの真意を映像で、監督の立場から伝え直そうとしたのがAMCの『Reason』なのかしらと思ったのです。

AMCの『Reason』の中で描かれているのは、両澤さんの言うアスカガの『お互いの周辺や別の面や、いわゆる現実というものが現れてくる』部分なんですよね。

MCの最後のほう

「アスラン・ザラ、セイバー発進する」の映像に
『ありのまま出会えてた その奇跡 もう一度信じて』の歌詞
そして、エンディングでSEEDの24、31、43、48話の二人

この映像を見た後に

『その現実の激流の中を行って、 やはり揺るがなかったら本物、と言う事で「SEED DESTINY」ではそこを描きたかった』という両澤さんの言葉を聞けば、確かに二人にとって試練ではあるけれど、そこには《頑張れよ》というエールが込められていたんだなと思えるのです。

続きを読む "「Reason」を見た"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

いよいよ明日!!

もうこれで何回目でしょうか。

今年も3月8日、無人島記念日がやってきますね。

「恋オプ」に参加されるみなさま、目一杯楽しんできてくださいネ。♡ψ(`∇´)ψ

継続してアスカガで頑張っていらっしゃるサークルさまだけでなく
このイベントのあと、しばらく活動を休止されるサークルさまや
すでにジャンル移動されているけれど久々にアスカガを描かれたサークルさまなど

これだけの数のいろんなサークル様方を一同に見られるのは、きっと、今回が最後のような気がしますね。

な~んて言って、私は行けないんだけどさっ!(^_^;)

一度でいいから、オンリーの雰囲気を味わってみたいし、思いっきり同人誌を買いあさってみたいものだわ。

ぜひぜひ、どなたか、会場の雰囲気を、じっくり、たっぷりレポートしてくださいませ。
m(_ _)m

よ~し!!来週は、久々にブログめぐりをがんばるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

メイリン その4

ルナマリアとメイリン。
この二人はお互いのことをどう思っていたのでしょうか。

「赤」のルナマリア。
活発で、積極的で、面倒見がよくって、おおざっぱな性格?(笑)
妹のことは、私がいないと何もできない、頼りない子だと思っている。心配で心配でほっとけない。まるで保護者のような感覚。

「緑」のメイリン。
姉に比べ、おとなしくてあまり目立たない。「赤」の姉に対してコンプレックスを抱いていた。姉から子ども扱いされることがいやだった。ちゃんと認めてもらいたかった。でも、その一方で世話を焼いてくれる姉に甘えていた部分もあったのではないか。
(化粧品を大量に買い込んだり、こっそりルナのスカートを履いてみたり。あれはルナへの対抗意識だったのかもしれませんね。)

こんな感じでしょうか?

ルナマリアはメイリンのことを、頼りなくて「軍人としての自覚がない」(byスーツCD)と言っていました。私は「赤」であの子は「緑」。私が助けてあげないと何もできない。変なことをしたり失敗したりする。
そう思っていたのでしょう。

だから、アスランと一緒に脱走したと聞かされて、頼りないフラフラした子だから、アスランに騙されて、利用され、死んでしまったと思っていた。

でも、騙されていたのは自分の方だった。

そこで初めて、妹に対する見方が変わったのだと思うのです。

私に見えてなかった事もちゃんと見えていた。
おまけに、「どっちのラクス様が本物か、なんでわかんないのっ?!」ってお説教までされて。。。

「軍人の自覚」もちゃんと持っていたんだな、と思ったのではないでしょうか。

『危なっかしくて私が守ってあげないと何もできない妹』から『私がいなくても大丈夫な妹』へ 。この事件を通して、ルナマリアのメイリンを見る目も変わったのだと思うのです。

そしてメイリン自身も、このことがきっかけで、自分に自信がもてたのではないでしょうか。

かなわないと思っていたお姉ちゃんに認めてもらえた。
姉に対して抱いていたコンプレックスを解消できたかもしれません。     

もう一度、ファイナルプラスラストの慰霊碑の場面に話を戻します。

私は前の記事(メイリン その2)で「アスランと一緒に歩いて行く部分はやっぱりおまけだと思うのですよ。」と書きましたが、もしかしたら、あの場面、メイリンにとって「アスランと一緒に行く」ことではなく、「ルナと別の道を行く」ことに意味があったのではないかと思うのですよね。

だってね、あの場面、アスランとメイリンは、明らかにほかの二組とは違ってるでしょう?
ぴったりとキラに寄り添うラクス、にっこり微笑みあうシン&ルナ。この二組はカップルと言われればそうだと思うけれど。
アスランはどちらかというと伏し目がちで表情も暗い。
それに比べて、その後ろからついて行くメイリンの表情の明るいこと。目線はまっすぐ前に向けられていて。

この場面、もしアスランと一緒に行くことに意味があるのであれば、それはアスランと一緒に行くことで「ルナマリアと別の道を行くこと」つまりメイリンの「姉からの自立」を表現しているのではないかと思うのです。

アスランはやっぱりおまけなんだってば!(笑)

この場面のアスランは「メイリンの保護者」のようなものだという意見があったのですが、私もそう思っています。

DESTINYはメイリンを主体にして考えた場合、「姉妹」の物語であり、メイリンにとって「姉からの自立」、「ザフトの軍人としての成長」物語だったと思うのです。

アスランはその物語を面白くしてくれるスパイス。
メイリンの成長にとって変わるきっかけをくれた人だから、とっても重要なスパイスに違いないのだとは思いますが、決してメインディッシュではない。

と、私は思っています。(*^_^*)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

メイリン その3

では、

「本物」を見ていた妹と「偽物」を見ていた姉。
アスラン・ザラという男の中の「本物」と「偽物」を見ていたが為に袂を分かち、戦うことになってしまった姉妹。

について、具体的に詳しく書いていこうと思います。

以前、別の記事で女難についてのコメントをいただいた時に、私は『メイリンの存在意義はルナマリアとの対比だと思います』と答えています。
この姉妹をアスランに絡めることによって、その違いを出そうとしていたのだと思ったのです。

今回、この記事を書くにあたって、両澤さんがインタで触れている部分がないかと思って読み返してみたのですが、その結果、これかな?と思いあたったのが、「本物」と「偽物」、「ウソ」と「真実」でした。

続きを読む "メイリン その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイリン その2

遅くなりました。

それでは、この作品におけるメイリンの本当の役割について考えていきたいと思います。
(アスランがメイリンのことをどう思っているかとかは、椎名さんがちゃんと書いてくださるような気がするので(^-^)

両澤さんはメイリンのことを『アスランのもう一つの可能性』だと言い、
『ゆっくり静かにですが、じっくり見ていく子』なので、『アスランも彼女の側なら、案外ゆっくりできるかもしれませんよ。』と言っていました。

こう聞くと、アスカガファンとしては、メイリンはアスランのために用意されたキャラクターだったのか、と思い心配になるんだと思うんですよね。
(まあ、あんな風にずっと傍にいて、甲斐甲斐しく世話をしようとするのを見ていれば、当然だと言えば当然だと思いますが…。(^_^;)

メイリンは確かにアスランのことをちゃんと見ていた、しっかり見ていたと思います。
しかし、メイリンのこの『ゆっくり静かにですが、じっくり見ていく子』という設定は、この作品における彼女の本当の役割のために用意された設定なのであって、決してアスランの為に用意された設定ではないと思うのです。

続きを読む "メイリン その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

メイリン  その1

アスカガの今後を考えた時に、メイリンの存在ってどうしても気になってしまうものなんですよね。

「アスランのもう一つの可能性」と脚本家が言っってるんだから、当たり前といえば当たり前なんだろうけれど。

わざと気を引くような態度をとったり、下心ありありのいやな女ならば、そんな子アスランが相手にするはずがないと一蹴できるでしょう。
メイリンが良い子だからこそ、アスランをとられてしまいそうで不安になるんですよね。だから、メイリンがそばにいるだけで耐えられない。
アスランのことを信じていなくちゃ安心できない。大丈夫と断言できないんですよね。
だから、確実に安心できるような言葉がアスランから欲しいのですよね、たぶん。

でも、それって、アスランの事が大好きで、アスランの事だけを考えて黙って側にいてくれる女の子。メイリンの事を、そういう風に思って見るからではないでしょうか。

本当にそうなのでしょうか?

以前、他所様でメイリンについての意見や感想を読ませていただ時にふと思ったんですが、アスカガにとってのメイリン、アスランにとってのメイリンについては考えた事があっても、メイリンを主体にして考えた事が無いなあ、って。

確かにメイリンは「アスランのもう一つの可能性」なのかもしれませんけれど、でもそれは物語の中での彼女のメインの役割ではないのではないのでしょうか。

DESTINYというお話を、メイリンを主体にして見た時に
スペエディ4まで見終えて、新規画が加わったあのラストを見る限り
カガリがアスランではなくオーブを選んだのと同じように、メイリンもアスランでは無くザフトやお姉ちゃんの方を選んだ、と思えるんですよね。

結果的に、メイリンもアスランの為に他のすべてを捨てて黙って側にいてくれる人ではなかったのではないでしょうか。

DESTINYの中で描かれていたのは、「アスランと共に生きる道を選んだ」メイリンということではなく、ルナマリアとの関係の変化であり「ザフトの軍人としての成長」だったのではないかと思うのです。

メイリンについて、すこ~し違った角度から考えてみたいと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ず~っと前から、ここまで書いて先に進んでおりません。先にUPしておいた方が早く続きを書けるような気がするので中途半端ですが、出しておきます。

頂いてるバトンもあるので、続きは、その後に・・・。

その2へ→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

指輪

DESTINY後のアスカガの関係をどう見るのかというのは、カガリが指輪をはずしたことをどう解釈するのかでずいぶんと違ってくるのではないかと思うのですよ。

アスメイだと書いてある記事は

カガリが指輪をはずした→国を選んだ=アスランはふられた=アスカガは別れた=破局
          

そのことを前提とした上で

そのときアスランのそばにメイリンがいた=アスメイ

という感じなのではないでしょうか。

事柄だけを追っていくと、それは間違いではないのかもしれません。

カガリが指輪をはずしたってことはアスカガは別れたってことでしょう?

そう訊かれたら、「アスカガは別れたのだろう」と私も答えると思います。

しかし、アスカガファンが重視するのはそこではないのですよね。

アスランとカガリの気持ち。

歴史上の出来事を振り返るときによく言うじゃないですか。

『“事実”と“真実”は違う』と。

カガリにとって、あの指輪は「お守り」みたいなもので、たとえそばにいなくてもアスランはカガリの精神的な支えだったと思うのです。

だけど、世界の混乱期。(たとえるならば、オバマさんがこの金融危機に直面してどう乗り越えていくのかみたいなものでしょうか)
これから、お父様の遺志を受け継ぎ、真のオーブ代表として、世界のリーダーとして自分がみんなの支えにならなければいけない、強くあらねばならない。だから、何者にも頼ってはいけない。この指輪にも頼ってはいけない。そう思ったのではないでしょうか。

気持ちを奮い起こして。
指輪を封印した。

指輪をはずすことは、カガリの覚悟と決意の表れなのですよね。

それを見たアスランは、そのことをちゃんとわかっているからこそ、そして、カガリがウズミさんの遺志を継ぎ真のオーブ代表となることはアスランの望みでもあるからこそ、ショックを受けたり、暗い顔をしたりすることなく、あんなに晴れやかに笑って、あんなセリフが言える訳ですよ。

だから、オーブに残りそばで支えるわけでしょう?

ここでアスランが動揺してうろたえたりするようであれば、それこそ本当にアスカガは破局になるかもしれません。だってね、ここでアスランがうろたえるって事は『理解は出来ても、納得できない』と言っているのと同じようなものではないかと思うのですよ。それではアスランは全然成長してないという事になりはしないでしょうか。

でも、そうではなかった。

だから、アスカガは大丈夫。私はそう思うのです。

・・・時間が、来てしまった。

なんだかうまく書けませんが、本日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

破局

オグシオがコンビを解消するそうですね。

今朝のニュースで、スポーツ紙の一面だったのかしら。

オグシオ破局!

って書いてあって、笑ってしまいました。

破局と聞いて、アスカガと比べてしまった私。(*^_^*)

オグシオが“破局”となってしまったのは、「二人の目標が変わってしまったのが一番の理由」だそうです。

アスカガの場合は、「夢は同じ」なんだもの。

アスラン、オーブに残って
二人並んで同じ方向向いてがんばっていくんだから。

オグシオとは違うのです。

私、アスカガは破局だとは思っておりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

いつか王子様が

白馬に乗った王子様が迎えに来てくれる。いくつになっても女の子はこういうお話が大好きですよね♪

でも、カガリってそういうお姫様ではありませんよね。(笑)

王子様が迎えに来るまでじっと待ってるってことはないんじゃないでしょうか。

数ヶ月前に、某様とお話していて、こういう↑話題になりました。

二次創作では、こういうお話もありだと思います。
むしろ今は、みんなアスカガに飢えてるだろうから、多くの人に熱望されるかもしれませんね。

でも、公式のカガリとはどんな人なのかと考えると、アスランが迎えに来るまでじっと待ってるイメージではありません。(笑)
自分から先に行動しちゃうお姫様ですよね。

どちらかというと、やっぱり
「アスラン、行くぞ!!」
「ああ。」
だろうし
アスランは迎えにきてくれる王子様というよりは、やっぱり後ろから支える騎士という感じがします。

以前にも書いた事があるので内容的には同じ事を繰り返し言うことになるかもしれませんが、私の中のアスカガは踊る大捜査線の青島くんと室井さんのような関係です。

今の世界を変えるために、同じ思いを持って、アスランは現場で頑張る。カガリはトップで頑張る。
そうやって初めて、自分達の夢に近づいて行くのだということを、DESTINYでの遠回りの末にみつけたのだと思っています。

だから今は、「恋人というより戦友」(だったかな?)という監督の言葉がとてもしっくりくるようになりました。

   

  ・・・って、たったこれだけの事を書くのに、数ヶ月かかってしまいました・・・。(;´д`)トホホ…

追記
アスラン、誕生日おめでと~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

萌え補充

通販をお願いしていたアスカガ本が到着。

作者様によると「単なるイチャイチャ本」だという事だったのですが。。。

いや~ん。この「いちゃいちゃラブラブ」がいいのですよ!!

きっと、読んでる間にこっちの顔も勝手にゆるんでニヤニヤしていたに違いない。
あ~、つかの間の幸せheart01
うん、萌え不足の時は「いちゃいちゃラブラブ」に限る。(笑)

某サークル様、萌えをありがとうございました!!



でもね。最近確信しました。

この「萌え」をDESTINY本編に求めてはいけなかったんだと。(いや、それはそれで悲しすぎるけど・・・。)

アスカガに関しては、私たちは
「公式」と「二次創作」を頭の中で混同してしまって、勝手に妄想を膨らませすぎたんだろうなと思います。
DESTINYは「公式」(客観)と「二次創作」(主観)をきっちりと分けて、もうチョッと冷静に見なければいけなかったのかもしれませんね。

公式の設定を通り越して私たちの「萌え」が暴走してしまった為に、DESTINYアスカガをちゃんと理解できてなくって、その結果、怒ったり悲しんだりすることになってしまった。

最近、そう思ってます。

劇場版も、妄想膨らませすぎて観ると、あとで痛い目にあうと思う。

私たちファンが望む「アスカガの幸せ」ではなく、
『カガリ自身が、アスラン自身が望む二人の幸せって何なのか』を考えて観てみないと、場合によっては、また怒ったり悲しんだりする事になるとおもうな。

(ん~~、もうちょっと分かりやすく書かなきゃダメだよね。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)