SEED /DESTINY

2013年4月21日 (日)

復讐から始まる

リマスター版DESTINY、観てます。

BSで観てますが、1話が始まる直前に「SEEDシリーズなら俺にまかせろ」だっけ?そういう番組が組まれてました。

この後の時間帯でDESTINYの放送が始まるにあたって、土田さんがSEEDシリーズを知らない板倉さんに、どういうお話なのか、レクチャーするという番組でした。

確かダブルオーが始まる前も同じようなことやってたなーと思いつつ観てました。

続きを読む "復讐から始まる"

| | コメント (0)

2007年10月22日 (月)

カレンダー

遅ればせながらアニメイトで、チェックしてまいりました。ハッキリ見えないのでよくは分かりませんが、今度のカレンダーは例年に比べてもイマイチのような気がするのですけど・・・どんなもんですか?

ファンディスクist、手に入れてからずい分時間が経ちましたけど、まだ見てませ~ん。
アスランがイベントで何と言ったのか、しっかり聞いてやろうとは思ってるんですけど。
相変わらず、土日に予定が詰まってて、ゆっくり見れません。
SEEDculb4コマ「えたーなる」は、見ました。
ハチャメチャだけど、たねキャラはちゃんとアスカガしてるので好きです。
ユウナにとび蹴り。本編で出来なかった事がここで思いっきり出来てよかったね、アスラン。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2008年カレンダー 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2008年カレンダー

販売元:エトワール<ハゴロモ>
Amazon.co.jpで詳細を確認する

機動戦士ガンダムSEED SEED Club4コマえたーなる (ニュータイプ100%コミックス) 機動戦士ガンダムSEED SEED Club4コマえたーなる (ニュータイプ100%コミックス)

著者:矢立 肇,富野 由悠季
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2007年1月19日 (金)

スペエディⅣを視聴して

先週末、送っていただいたスペエディⅣの録画DVDを見ました。

放送翌日ネタバレ見て、アスカガハグなしにショックを受け、他の方ともその結果について言葉を交わし、自分なりに色々考え、すでに気持ちは落ち着いていました。

だから、『総集編』として冷静に見る事が出来たと思います。

そして、『総集編』としては、まあいいんじゃないかな、という感想を持ちました。

続きを読む "スペエディⅣを視聴して"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年1月14日 (日)

ガンダム女性キャラ★ベストセレクト20

ただ今、バンダイチャンネルで、冬季限定「起動戦士ガンダム特集」というのをやってます。

ちょっとのぞいてみました。

バンダイチャンネルが選ぶ
ガンダム女性キャラ★ベストセレクト20

”宇宙時代を生きるのは男性だけではない
モビルスーツに深く係わる女性達
凛としたその美貌をチェック!”

で、その中にカガリ発見!!(ルナとステラもいました)

【モビルスーツに深く係わる女性達】だからね。さすがにラクスはいませんでした。

シリーズ通してのカガリの説明として「アスランとは心を通いあわせる」って書いてあります。

ガンダムシーズ全体をまとめて簡潔に説明した物の中にある、客観的な文だと思います。

これだけでは足りないでしょうけど、アニメ誌の煽りの文だけでなく、こういうのもちゃんとありますからね。失意の果てに暴走しないように。(笑)ささやかな事も喜びに変えましょう。

| | コメント (0)

2006年11月23日 (木)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY  2007年版カレンダー

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 】2007年版カレンダー

11月25日発売だそうですね。でも、21日発売と12月2日発売という記述も見ました。

どれが本当なんだ。

内容は

  表紙    キラ、シン、トリィ
 1、2月    アスラン、シン
 3、4月    ラクス、ミーア
 5、6月    キラ、カガリ
 7、8月    ルナ、メイリン
 9,10月    レイ(幼少期)、クルーゼ(赤服)
11,12月    アスラン、イザーク

らしいですよ。

キラカガでアスイザなんですね。

全部平井画なのかな?ならば、いつ出るかまだ全然分からない平井画集3に入るでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 8日 (水)

スターゲイザーがYouTubeで

スターゲイザーの3話、実はうっかりして見逃していたのですが、YouTubeで見る事が出来ました。

う~ん。やっぱり、よく分からない、というのが率直な感想かな。。。

最後、彼らはどうなったのかしら。やっと交わって、彼らの物語は本当はこの後からのような気がするんだけど・・・。やっぱりMSがメインなの?

全話そろっていたので、あらためて見てみようかな。

スターゲイザー1話   前編  後編

スターゲイザー2話   前編  後編

スターゲイザー3話   前編  後編

段々無くなっていくのでしょうけど、ホントに今は何でも在りますね、YouTube。凄い。

| | コメント (2)

2006年10月17日 (火)

アスラン動画

二日間、ココログメンテナンスにより更新が出来ません。

よって、その間、閲覧のみでも楽しんでいただけるものは無いかと考えましたが、こんなものしか思いつきませんでした。

よろしかったら、ご覧下さいませ。なるべくかっこいいものをと思って探したつもりですなんですけどね。。。

http://www.youtube.com/watch?v=nGt3gUuOQV4&mode=related&search

http://www.youtube.com/watch?v=tYJbhRVrwyc&search=gundam%20seed%20destiny%20athrun%20cagalli%20lacus%20kira%20birthday%20hane%20happy

| | コメント (0)

2006年10月 3日 (火)

スペエディⅢ 新規画

今日、雑誌を見ていたら、スペエディⅢの情報がホンのすこ~しだけ出てました。

・スペエディⅢは42話まで。

・カガリ、ラクス、キラ、シン、レイ、議長、アスランの新規画あり。

その一部ですが

カガリは、AA内でキラと一緒に、議長がロゴスのことを発表するのを見てる場面のようでした。

アスラン、議長はデスティニー、レジェンドを見せられる場面のようです。

シンは、涙を流して慟哭するシーンと書いてあり、ルナと抱き合って泣いてました。

新規画はシンルナのところは平井画。それ以外は、山口さんみたいでした。

以上、大したこと無い情報ですいません。<m(__)m>

10月4日 追記

スペエディⅢ、DVDジャケットはレイだそうです。

え~~!?とびっくりしたのですが(キラだとばかり思っていたので)、よ~く考えたら納得でした。というのも、スペエディⅢのピクチャーレーベルはフェイス徽章だそうなんですよね。

ザフト、連邦ときたら、次はオーブなんだろうけど、DESTINYスペエディは4部作、そこにフェイス徽章が入り込んできて4人目に誰を入れるかとなれば、おのずとレイしか残らない事は勘のいい人ならわかったのかもしれませんね。

いや~、私はダメだったな。

| | コメント (2)

アスラン

まずは、アスランについてパーソナルデータを再確認。

アスラン・ザラ

生年月日:C.E.55年10月29日生まれ

血液型:0型

身長:174cm

体重:60kg (身長、体重は18歳の時のもの) 

好きな食べもの:ロールキャベツ、桃

嫌いな食べ物:青魚、イクラ

趣味:機械弄り

苦手なこと:歌、絵

え~と、これで何かの話のネタになるかどうかは分かりませんが、何か他に書き忘れていることがありましたら教えてください。追記しますので。(笑)

ところで、アスランは今回何歳の誕生日を迎えることになるのでしょうか。

2001_2歳ですか?そしてこれが彼の現在の姿ということでいいのでしょうか? 

そして、劇場版アスランも20歳と思ってていいのでしょうか。

現在20歳の方、うらやましいですね~。

アスランたちと同じ歳なんですね。(もう勝手に決めちゃったよ^m^)

等身大で身近に感じられて、余計に萌える?

しかし、20歳の男がこの色気、いいのか?だから、あんなに色々寄って来るんだよね~。

                         

| | コメント (2)

2006年9月30日 (土)

スターゲイザー3配信開始

いよいよスターゲイザーの3話が配信開始です。  http://www.b-ch.com/sg/

まだ、私は見てませんが、先に情報のみお知らせしますね。

私も見たら、また後ほど感想Upします。

【あらすじ】

DSSDトロヤステーションに、突如としてモビルスーツ部隊の接近が知らされる。スウェン達ファントムペインが、スターゲイザーの奪取を目的に襲い掛かってきたのだ。圧倒的な戦闘能力の前に、次々と撃破されるDSSD保安部隊のモビルスーツ。ソルとセレーネは、ステーションを守ろうとスターゲイザーに搭乗する。

【作品のみどころ】というのが在りましたので、まだご覧になってない方は、参考にされてください。

この作品は、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の主人公達とは、まったくの別の視点から描かれるコズミック・イラの物語で『SEED DESTINY』では語られなかった世界を垣間見ることができる。特にMSの戦闘シーンは、改めて人間の目線から見る巨大な人型兵器の恐ろしさを描いている。また、タイトルにもなっているスターゲイザーは、歴代ガンダム史上初ともいえる非戦闘用のガンダム系MSであり、どのような活躍を見せるのかも注目だ。短編ではあるが、その背景から小道具にいたるまで膨大な情報が盛り込まれているので、そうしたスタッフのこだわりを読み解いていくのもおもしろい。【アニメライター 川田鉄男】

| | コメント (0)